株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

代表パートナー平堀剛のブログ

Hot Willerへのエール

Hot Willerとは「独自の志を持ち、その実現に向けた活動を
実直に続けている人」を表す当社の造語です。そういう方々に向けた
応援メッセージを贈りたいという想いで毎月書いています。

#4

善の感情

2008年5月8日

ショッピングセンターやサービスエリアに設置されている障害者用駐車場に、入り口に近いという理由で健常者が駐車しているニュースが取り上げられていた。特に悪質なのは、健常者であるにも関わらず、車椅子マーク(障害者が常用している車であることを表す、車椅子をデザインしたブルーのステッカー)を貼り、駐車しているケースである。私は、過去に1ヶ月ほど松葉杖を使った生活をしたことがあるが、片足で移動することの負担は相当なものであった。電車内で席を譲っていただくことも度々あったが、感謝心に加えて、健常なときにこの負担の大きさをわかっていなかった自分が恥ずかしくもなった。基本的なマナーを守り、ちょっとした思いやりが、豊かな社会を築く上で大切であることは、いまさら言うまでもないだろう。が、自分だけよければという、利己的な行為は横行してやまない。歯止めをかけるための方策は、法律を制定して罰則を科す、マナー違反者には厳しく注意する等が上げられるが、何でもルールで縛り、目くじらを立てて対応するのでは、何かもの悲しい。心得のある人たちが襟を正した行動をしてみせ、それが他者に伝播され、ディズニーランドでゴミを捨てられないような雰囲気と同様の文化が醸成されることが理想といえるだろう。万が一、不心得ものが現れたら、「こちらは、障害のある方のための駐車場ですよ。お間違えないようにしてくださいね」と笑顔で声をかけることが効果的なのだそうだ。相手を善人として尊重した行為が、自然に善の感情を導き出すというのだ。善に触れると善の感情が芽生え、悪に触れると悪の感情が顔を出す。自分に当てはめて考えれば理解はできるが、善を貫き通すことは容易(たやす)くない。だから、“今月のちょっといい話”に価値があるとも言えるのだろう。

代表パートナー

平堀 剛

Hirabori Tsuyoshi

平堀 剛

1961年生まれ。東京都出身。

経歴

大学卒業後、電機メーカーに就職。先端技術の開発に汗を流すエンジニアを目の当たりにし、自分も何かをしたいと一念発起。学生時代からの夢、事業家(経営のプロ)を志しコンサルティング会社に転職。数多くの業界の経営実務に携わり上場(マザーズ)も経験した後に、小川とともに当社を起業。

コンサルティング・ポリシー

『本当の楽しみは、苦しみを乗り越えた者のみが味わえる』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆目標達成に執着する管理者の養成
  • ◆顧客を愛顧客にする営業パーソンの育成
  • ◆中途・新卒社員の早期戦力化支援
  • ◆社員定着率の圧倒的な改善

当社での役割

  • ◆トイレ掃除(素手洗い)
  • ◆結婚式や出産のお知らせをいただいた際の心を込めた祝電や手紙の作成
  • ◆当社の経営や商品開発、催事等に関する企画立案(時に“思いつき”とも言われる)
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。