株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

代表パートナー平堀剛のブログ

Hot Willerへのエール

Hot Willerとは「独自の志を持ち、その実現に向けた活動を
実直に続けている人」を表す当社の造語です。そういう方々に向けた
応援メッセージを贈りたいという想いで毎月書いています。

#23

事業仕分けをやってみよう!

2009年12月2日

11月は、新政権の目玉である事業仕分けが行われた。マスコミも大々的に取り上げ、新聞、テレビでも毎日のように事象仕分けの様子が報じられていた。本日付(11月30日)の日経新聞の一面には、内閣支持率の世論調査の結果が掲載され、その調査項目の中で「事業仕分け」については、75%が評価すると答えている。
まさに「事業仕分け」という言葉は、今年の流行語大賞になるのではないかと思えるくらい、色々なシーンで使われている。

私は、HOT WILLerのみなさんには、是非この機会に、自分の時間の使い方と、お金の使い方についての「事業仕分け」をすることをお勧めしたい。

なぜなら、100年に1度の不景気というよりも、100年に1度の社会構造の転換点に立っているからだ。少子高齢化と言われて久しいが、内需型の企業は、デフレスパイラルに負けない収益構造への転換が必要となり、外需型の企業は、事業分野を加速的に海外へシフトしなければならない。これは、私の勝手な未来予想だが、自動車は家電になり、家電量販店で販売される時が来ると考えている。そうすると、自動車業界の事業構造も、流通構造もまったく変わってしまう。

自動車業界が私の空想したようになるかどうかはさておき、現下の経済動向を鑑みて、社会構造の転換点に立っているという主張に反対する方は、いないだろう。
従って、これまでの自分の時間の使い方やお金の使い方を見直すべきだと、私は、みなさんに提案させていただいたのだ。

特に、時間の使い方は、徹底して「事業仕分け」すべきだ。近未来を睨んで、何に時間を投下すべきか考え抜かなければ、時代に取り残されてしまう。
ビジネスに置き換えれば、新しい商品分野、新しいサービススタイル、新しい取引形態へのチャレンジは必須となる。現在の事業構造から収益が生み出されている間に、新分野へシフトしなければならないのだ。
時間は、貯金できないので、扱い方を誤ると取り返しのつかないことになる。

今、何に自分の時間を投資するかで、将来が決まる。
この不変の法則に忠実に従うのは、まさに、今なのだ。
年末年始は、これまでの自分を振り返り、新たな自分を見つめる絶好の機会でもあるので、自分自身の「事業仕分け」をして、より戦略的な人生を歩もうではないか。

HOT WILLerとは、「独自の志を持ち、その実現に向けた活動を実直に続けている人」を指す。この方々に向けた応援メッセージを毎月贈り続けている。※

代表パートナー

平堀 剛

Hirabori Tsuyoshi

平堀 剛

1961年生まれ。東京都出身。

経歴

大学卒業後、電機メーカーに就職。先端技術の開発に汗を流すエンジニアを目の当たりにし、自分も何かをしたいと一念発起。学生時代からの夢、事業家(経営のプロ)を志しコンサルティング会社に転職。数多くの業界の経営実務に携わり上場(マザーズ)も経験した後に、小川とともに当社を起業。

コンサルティング・ポリシー

『本当の楽しみは、苦しみを乗り越えた者のみが味わえる』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆目標達成に執着する管理者の養成
  • ◆顧客を愛顧客にする営業パーソンの育成
  • ◆中途・新卒社員の早期戦力化支援
  • ◆社員定着率の圧倒的な改善

当社での役割

  • ◆トイレ掃除(素手洗い)
  • ◆結婚式や出産のお知らせをいただいた際の心を込めた祝電や手紙の作成
  • ◆当社の経営や商品開発、催事等に関する企画立案(時に“思いつき”とも言われる)
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。