株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

代表パートナー平堀剛のブログ

Hot Willerへのエール

Hot Willerとは「独自の志を持ち、その実現に向けた活動を
実直に続けている人」を表す当社の造語です。そういう方々に向けた
応援メッセージを贈りたいという想いで毎月書いています。

#47

笑える風刺と、笑えない風刺

2011年12月2日

次のアメリカンジョークのオチを考えてみてください。

ある父親が、息子がテレビゲームばかりやっていることに憤慨し、
興味を勉学に向けさせようと、息子に対しこう言い聞かせた。
「アブラハム・リンカーンがお前と同じ年の頃には、

暖炉の灯りで本を読んで勉強していたのだぞ」

と。

この父親からの言葉に、息子はなんと答えたでしょうか。

このジョークのオチは、
「リンカーンがお父さんと同じ年の頃には、彼はアメリカ合衆国の大統領だったけどね」

です。

思わず、“座布団一枚”あげたくなります。

こちらは、いかがでしょうか。

アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、
無重力状態ではボールペンが書けないことを発見した。
これではボールペンを持って行っても役に立たない。
NASAの科学者たちはこの問題に立ち向かうべく、

10年の歳月と120億ドルの開発費をかけて研究を重ねた。
その結果ついに、無重力でも上下逆にしても水の中でも氷点下でも摂氏300度でも、
どんな状況下でもどんな表面にでも書けるボールペンを開発した。

一方ロシアは○○を使った。

このジョークのオチの○○には、何が入るでしょうか。

答えは、鉛筆。

強烈なカウンターパンチです。

オチについて、調べてみると、いくつかの種類があるようです。

考え落    一瞬考えてから、にやりとさせられるもの

逆さ落    物事や立場が入れ替わもの

仕種落    仕草がオチになっているもの

地口落    いわゆる駄洒落が落ちになっているもの

仕込落    前もってオチの伏線を仕込んでおくもの

途端落(とたんおち)    最後の一言で結末のつくもの

ぶっつけ落  意味の取り違えがオチになるもの

間抜落    間の抜けたことがオチになるもの

見立落    意表をつく物に見立るもの

これらのオチは、落語のオチを分類仕分けしたものです。

ある話を聞いて、綺麗に落とされると、笑(えみ)を伴った納得感が生まれます。

見事なオチにハマると感嘆もします。

 それは、物事の本質を、見事に言い当てているから。

しかし、あまりにも核心をつかれると、笑が消え、胸がつまります。

日本の原発対応を取り上げた、ドイツの風刺番組をご覧ください。

YOU TUBE「犯罪会社東電」(3分25秒)

http://www.youtube.com/watch?v=kH00psyB4lc

いかがでしょうか。私は、まったく笑えませんでした。

本日の朝刊に、

溶けた核燃料コンクリ侵食 格納容器の壁まで37センチ

と掲載されています。

震災後、8ヶ月が経過したので、ようやく解明できたことなのでしょう。

 イソップ童話の「狼少年」を読み聞かせた父親が、息子に言いました。
「だから、嘘をついちゃいけないよ」

 すると息子はこう言いました。

「○○首相が援助活動をしないのは、これまでたくさん嘘をつかれたからなんだね」

※「狼少年」

狼が来たと、少年が繰り返し嘘をついたので、実際に狼が現れたときには、

大人たちは信用せず、誰も救援に行かなかった。

代表パートナー

平堀 剛

Hirabori Tsuyoshi

平堀 剛

1961年生まれ。東京都出身。

経歴

大学卒業後、電機メーカーに就職。先端技術の開発に汗を流すエンジニアを目の当たりにし、自分も何かをしたいと一念発起。学生時代からの夢、事業家(経営のプロ)を志しコンサルティング会社に転職。数多くの業界の経営実務に携わり上場(マザーズ)も経験した後に、小川とともに当社を起業。

コンサルティング・ポリシー

『本当の楽しみは、苦しみを乗り越えた者のみが味わえる』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆目標達成に執着する管理者の養成
  • ◆顧客を愛顧客にする営業パーソンの育成
  • ◆中途・新卒社員の早期戦力化支援
  • ◆社員定着率の圧倒的な改善

当社での役割

  • ◆トイレ掃除(素手洗い)
  • ◆結婚式や出産のお知らせをいただいた際の心を込めた祝電や手紙の作成
  • ◆当社の経営や商品開発、催事等に関する企画立案(時に“思いつき”とも言われる)
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。