株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

代表パートナー平堀剛のブログ

Hot Willerへのエール

Hot Willerとは「独自の志を持ち、その実現に向けた活動を
実直に続けている人」を表す当社の造語です。そういう方々に向けた
応援メッセージを贈りたいという想いで毎月書いています。

#54

未体験の体験の勧め(断食編)

2012年7月2日

今年度の当社の方針の一つに、「未体験の自己啓発を体験しよう」を掲げました。

この一番バッターとして、小川が写経を体験し、次に私が断食修行に臨みました。

辻は、自衛隊の体験入隊に申し込む予定ですが、期間が定められているため、

仕事との都合が合わせられるか微妙です。

何故、このような方針を掲げたのかというと、

未体験の体験により、新しい自分の可能性を発見する。

ある意味、パターン化した日常の殻を破るのが狙いです。

みなさんは、この1年間で、未体験の体験にいくつくらいチャレンジしましたか。

私は、4月から振り返ると

・クロスバイクトレーニング

・仙台七ヶ浜ボランティアツアーの参加

・ロングブレス(美木良介が推奨し大ブレイクしていますね)

・骨盤矯正タオル枕ストレッチ

・銀座しまだ、俺のイタリアン(それぞれ同じ経営者が運営する立ちの飲食業態の試食)

・江戸切子の購入(職人技の体験)

・成田山新勝寺断食参龍修行

が上げられます。

改めて列挙してみると、結構取り組んでいるものですね。

それぞれの体験談を詳しくご紹介したいところですが、紙面の都合もありますので、

興味のある方は、「○○を体験して、どうでしたか」との問い合わせメールを送っていただければ、お答えさせていただきます。

ということで、前置きが長くなりましたが、今回は、6月28日から30日の

2泊2日で体験した、断食修行についてご案内しましょう。

 

◆断食した場所

成田山新勝寺。

◆費用

2泊2日が5,000円(最低の日数)。

1泊追加するごとに、1,000円が加算されます。

最大の日数は、6泊6日です。

その他、指定クリニックでの健康診断料3,170円がかかります。

◆断食修行で持参を禁じられているもの

携帯電話、パソコン、カメラ、テレビ、ラジオ等の一切の電化製品

その他、本、常備薬(薬を飲んでいる人は自動的に参加できません)

◆断食修行に持参できるもの

着替え、洗面用具、タオル(風呂には入れないので体を拭くためのものとして)

筆記用具、傘

◆断食修業中の日課

4時30分 起床(夏時間の場合)

5時    掃除(約20分間)

5時30分 朝護摩(約45分間)

15時   夕勤業(説法、読経)(約20分間)

22時   消灯

◆修行の開始時刻と終了時刻

修行を開始する当日の朝8時30分に成田山の近くにある指定クリニックへ行きます。

診断書を受け取った後に、成田山新勝寺断食参籠堂に入りますので、

到着は、9時頃になります。

この時間が修行の開始となります。

終了は、早朝の清掃、朝護摩を終えた、6時30分頃です。

3泊3日以上の修行をした場合、最終日にお粥が振舞われますので、

朝食を食べたのちに終了となります。

◆その他希望により体験できること

写経と坐禅

※坐禅は、簡易なものですが、写経は2時間たっぷり受けられます。

※私は、日程の関係上、坐禅しか体験できませんでした。

◆断食修行のお勧め度

全員にお勧めです。

ちなみに、私のコンサルティング先や知人には、強力に参加をお勧めしようと考えています。

◆お勧めする理由

断食をすると、誰もが予想する通り、日常の有り難さを素直に認められます。

私が、有り難いなと思えたのは、母親の存在でした。

修行に行く前日、母から「もう若くないのだから、無理しないでよ」

と声をかけられたのですが、私は心の中で、

「そんなに年寄り扱いしないでよ」

「まだまだ、若いし、断食ぐらいで大袈裟なこと言わないで」

と呟いていました。

断食の2日目の午前中に母の慈愛に関する本を読んでいて、

今では、一人前になった気でいる自分だが、

生まれてからこれまで、どれほどの心配をかけただろうか。

・幼少時代病弱だったこと

・小学校時代は、やんちゃ盛りでいたずらをしては、先生に呼び出され

・社会人になってからも、2回の転職、そして独立などなど多数

母にかけてきた気苦労の数々が思い浮かび、気がつくと目頭が熱くなっていました。

断食修行は、先に記した日課以外に、何もすることがありません。

空腹感と格闘しながらも、結局は、自分と向き合うしかないのです。

ただし、私と断食を共にした男性は、兎に角空腹が辛いようで、

一緒にいた2日間は、朝から晩まで寝たきりで、トイレに行くと嘔吐を繰り返していましたから、自分と向き合う余裕はなかったようです。

※彼は、私より2日早く入道し、4泊4日コースだったので、断食が3日を超えると

誰もが、このようになるのかもしれません。

◆自分の心理の動き

1泊目の夜、こんな夢を見ました。

断食道場で、芋羊かんが振舞われ、みんなが食べています。

私は、夢の中で世話係に、「この芋羊かんは食べていいのですか?」と尋ねると、

「これは、道場にほどこされたモノなので、食べてもいいのです」と答えました。

そして、みんなが美味しそうに食べています。

私は、夢の中で、きっぱりと「私は、結構です」と食すのを断りました。

2日目になり空腹もピークを迎え、日中にウトウトとしてしまった時に、

タンメンが夢に現れました。

野菜が丼から盛り上がり、湯気が立ったタンメンが目の前に登場しました。

私は、麺の上に乗った野菜をムシャムシャ食べ始めました。

そして、こう言いました。

「麺は食べてはいけないけど、野菜はいいのだ」と。

そして、ハッとして目を覚ますと、口がもぐもぐと動いていました。

2日目にして、夢とはいえ、空腹に負けてしまい、

同室の男性に話すと、大笑いされました。

◆断食に持参したらいいもの

・A3ノート

小川が勧めている、A3ノートの書き方に習い、

断食中の過ごし方や、感じたこと、読書感想文などを記すと

断食の経験を振り返る、貴重な記録になります。

 

・ハガキと切手と住所録

普段、感謝を伝えたいと思っている方に、素直な気持ちを綴るといいのではないでしょうか。

修行の最終日に見つけたのですが、境内に昔懐かしい円筒のポストがあるので、

成田山新勝寺から、投函できます。

私は、22人の方にハガキを書きました。

 

以上が断食の案内になります。

是非、多くの方に、成田山新勝寺にて、断食を受けていただきたいと思います。

3泊3日か4泊4日をお勧めします。

今回、断食で得た気づきをあまり記載しませんでした。

それは、断食をして得られる気づきは、人それぞれで、

他者の気づきは、参考にするものではありません。

ですから、今回のコラムでは、私の気づきを記すより、

断食の参加をお勧めするのが筋だと考えました次第です。

みなさんが、断食をされた後に連絡をいただき、

一杯飲みながら、お互いの気づきを交流し合いできればなと思っています。

できるだけ多くの方と、飲み語り合いたいものです。

代表パートナー

平堀 剛

Hirabori Tsuyoshi

平堀 剛

1961年生まれ。東京都出身。

経歴

大学卒業後、電機メーカーに就職。先端技術の開発に汗を流すエンジニアを目の当たりにし、自分も何かをしたいと一念発起。学生時代からの夢、事業家(経営のプロ)を志しコンサルティング会社に転職。数多くの業界の経営実務に携わり上場(マザーズ)も経験した後に、小川とともに当社を起業。

コンサルティング・ポリシー

『本当の楽しみは、苦しみを乗り越えた者のみが味わえる』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆目標達成に執着する管理者の養成
  • ◆顧客を愛顧客にする営業パーソンの育成
  • ◆中途・新卒社員の早期戦力化支援
  • ◆社員定着率の圧倒的な改善

当社での役割

  • ◆トイレ掃除(素手洗い)
  • ◆結婚式や出産のお知らせをいただいた際の心を込めた祝電や手紙の作成
  • ◆当社の経営や商品開発、催事等に関する企画立案(時に“思いつき”とも言われる)
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。