株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

代表パートナー平堀剛のブログ

Hot Willerへのエール

Hot Willerとは「独自の志を持ち、その実現に向けた活動を
実直に続けている人」を表す当社の造語です。そういう方々に向けた
応援メッセージを贈りたいという想いで毎月書いています。

#91

人の心を動かすのは、1位の人だけ?

2015年10月6日

8月は、私にとってイベントの月。

フェイスブックに記載していますが、宮ケ瀬湖24時間リレーマラソンと富士登山が

慣例化してきました。

今回は、いや、今年も宮ケ瀬湖24時間リレーマラソンの楽しさをご案内したいのですが、

ぐっと我慢して、富士登山のエピソードに触れさせていただきます。

 

私が富士山にはじめて登ったのは昨年の8月。

御殿場に所在するコンサルティング先の社長から、

「有志を集って登頂するので、平堀さんも参加しませんか」

とお誘いいただいたのがきっかけでした。

 

昨年の登山日は、台風の接近もあり天候は曇りのち雨。

登り始めから視界が悪く、最悪のコンディションでした。

なんとか天候は持ち、10数名の参加者の大半は、初登頂を成し遂げました。

 

しかし、社長と部長が8合目と7合目でリタイア。

原因は、体重オーバー。

 

下山後の懇親会で、社長から一言。

「来年も富士山を登るから、平堀さんもお願いしますよ。」

その後、少々酔いが回った社長が、

「同世代の平堀さんが先頭グループで富士山を登れるのに、自分ができないなんて

言い訳できない。だから、今からトレーニングを積んで、来年は必ず登頂しますから」

と決意表明。

 

社長はその後、箱根の山を週に2回のペースで登るトレーニングを重ね、今年は見事に

登頂しました。

 

と、ここまで社長の有言実行力ついて綴りましたが、コラムの主役は社長ではなく、

部長。

 

今回我々は、須走口(5合目)を6時10分に出発しました。

ガイドブックに記載されている各合目までの所要時間は、

5合目(2,000m)→6合目(2,400m):60分

6合目(2,400m)→本6合目(2,700m):30分

本6合目(2,700m)→7合目(3,090m):60分

7合目(3,090m)→本7合目(3,200m):30分

本7合目(3,200m)→8合目(3,350m):30分

8合目(3,350m)→本8合目(3,400m):20分

本8合目(3,400m)→8.5合目(3,500m):20分

8.5合目(3,500m)→9合目(3,600m):30分

9合目(3,600m)→頂上:30分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5合目(2,000m)→頂上:310分(5時間10分)

 

私が8合目を越えたあたりをエッチラオッチラ登っていると、部長に会いました。

時刻は、9時30分ごろ。

自分のペースで登った方がお互いに楽なので、参加者はバラバラに行動しているのですが、

部長は、すでに、富士山を下っています。

昨年、7合目でリタイアした後、部長も地道にダイエットとトレーニングを重ねてきたようですが、

早朝から登頂し、夕方に下山するスケジュールをこなすまでの体力が伴っていないと自己分析して、

前日の夜9時から頂上に向かったのでした。

夜は真っ暗で危ないので、一人のパートナーを伴っています。

 

部長は、なんと、約10時間かけて、早朝6時に登頂したのでした。

 

ヘッドライトをつけて、真っ暗で険しい山道を登る自分を想像してみて、

私だったら、そんな方法は危ないからやめとこうと考えます。

 

ところが彼は、富士山を克服するための手段として夜登山を選択したのです。

 

部長が5合目に戻った時刻を、同行したパートナーに教えてもらったところ、

午後2時。

頂上から5合目まで下りる主要時間の目安は、160分(2時間40分)。

部長は、6時間以上かけて下山したようです。

 

この部長を見ていて私は、You Tubeの

「最下位でも感動するゴールもある・・・世界陸上女子10000m」

https://www.youtube.com/watch?v=z_XxIoMl44E

を思い出しました。

 

私は、この部長から、

「何が何でもやり遂げる」

という執念からの行動は、順位や時間に関係なく、人の心を動かすのだと実感しました。

 

今度一杯やりながら、この部長と人生談義をしたくなりました。

 

 

 

 

代表パートナー

平堀 剛

Hirabori Tsuyoshi

平堀 剛

1961年生まれ。東京都出身。

経歴

大学卒業後、電機メーカーに就職。先端技術の開発に汗を流すエンジニアを目の当たりにし、自分も何かをしたいと一念発起。学生時代からの夢、事業家(経営のプロ)を志しコンサルティング会社に転職。数多くの業界の経営実務に携わり上場(マザーズ)も経験した後に、小川とともに当社を起業。

コンサルティング・ポリシー

『本当の楽しみは、苦しみを乗り越えた者のみが味わえる』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆目標達成に執着する管理者の養成
  • ◆顧客を愛顧客にする営業パーソンの育成
  • ◆中途・新卒社員の早期戦力化支援
  • ◆社員定着率の圧倒的な改善

当社での役割

  • ◆トイレ掃除(素手洗い)
  • ◆結婚式や出産のお知らせをいただいた際の心を込めた祝電や手紙の作成
  • ◆当社の経営や商品開発、催事等に関する企画立案(時に“思いつき”とも言われる)
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。