株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

代表パートナー平堀剛のブログ

Hot Willerへのエール

Hot Willerとは「独自の志を持ち、その実現に向けた活動を
実直に続けている人」を表す当社の造語です。そういう方々に向けた
応援メッセージを贈りたいという想いで毎月書いています。

#102

試行錯誤(trial and error)を楽しもう

2016年9月6日

最近、AI(人工知能)に関連するニュースが増えていますね。
チェス、将棋、囲碁の対戦で、コンピューターがトッププロに勝利。
音楽、映画分野にも人工知能が進出。(作曲やシナリオ作成)
自動車の自動運転の実用化。
などなど、話題に事欠きません。

これらの情報に触れると、私は、童心に帰ります。
それは、子どもの頃に見ていたアニメのワクワク感が蘇るから。

スーパージェッタ―が、「流星号、流星号、応答せよ!」と呼び出す、空飛ぶ車の流星号。
人と同等の感情を持った少年ロボット、鉄腕アトム。
腕時計(ウェアラブル)への指示を介して動く、ジャイアントロボ。

このように、私の脳裏に深々と刻み込まれていたアニメ―の象徴的シーンが現実のモノとなりつつある。
こんな思いを抱きながら、AI関連のニュースを見ています。

今、私が期待を寄せているAI技術。
それは、自動運転。
「○○へ行って」と指示すれば、あとは、自動車が目的地に連れていってくれる。
運転嫌い(正確には渋滞嫌い)の私にとって、運転から解放されるのは、夢のような出来事です。
(自分がスーパージェッタ―になれるような感覚)

こんな期待感を持ちながらAIに関連した本を読んでいると、自動運転の実用化には、次のような難題があると知りました。

自動運転車が走行中、目の前を走っていた車が急停車したとする。自動運転車が追突を避けるには、右か左にそれるしかない。
しかし、道の片側には小さな子どもがいて、もう反対側にはお年寄りがいる。
自動運転車はどちらかにそれなければならないが、それはどちらかをひくことになる。どうすべきなのか。
・・・中略
命の重さに優劣をつけることなどできないと感じる人も多いだろう。
しかし、AIは、人間がこうした命の優劣を含む判断基準を与えなければ行動できない。
カブラン氏は、次のように話す。
「今後、エンジニアは、こうした功利主義的な選択をAIに入れることで、機械がどう振る舞うかを決めることになる。
しかし、その前に、まずはこうした価値判断について十分に考える必要があるのではないか」
(宮地ゆう著、「ルポ シリコンバレーで起きている本当のこと」より抜粋)

この究極の選択の答えを誰かが出さなければならない。

様々な技術の発展により、我々人間の生活の利便性が高まります。
利便とは、過酷な肉体労働からの解放。
例えば、炊事洗濯。
昔は、釜戸でご飯を炊き、洗濯は、洗濯板を使っていました。
工場の作業も楽になりました。
それは、フォークリフトがない時代を思い浮かべれば想像できるでしょう。

今の利便のステージは、試行錯誤からの解放。
キーワードを入力すれば、欲しい情報が手に入る時代。
(ある意味、考えなくてもいい)

過酷な肉体労働からの解放は、全面的に歓迎すべき事柄ですが、
試行錯誤からの解放は、部分的にしか歓迎してはいけない。
という警鐘を、自動運転の事故発生時の究極の選択の事例は、鳴らしてくれている気がします。

試行錯誤から答えを導き出し、行動に移す。
この行動が成果に結びつく様に、試行錯誤する。

この楽しみを、AIに渡してはならない。
ですので、みなさん、試行錯誤を大いに楽しみましょう。

備考
試行錯誤(trial and error)
新しい物事をするとき、試みと失敗を繰り返しながら次第に見通しを立てて、解決策や適切な方法を見いだしていくこと。
(goo辞書より抜粋)

代表パートナー

平堀 剛

Hirabori Tsuyoshi

平堀 剛

1961年生まれ。東京都出身。

経歴

大学卒業後、電機メーカーに就職。先端技術の開発に汗を流すエンジニアを目の当たりにし、自分も何かをしたいと一念発起。学生時代からの夢、事業家(経営のプロ)を志しコンサルティング会社に転職。数多くの業界の経営実務に携わり上場(マザーズ)も経験した後に、小川とともに当社を起業。

コンサルティング・ポリシー

『本当の楽しみは、苦しみを乗り越えた者のみが味わえる』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆目標達成に執着する管理者の養成
  • ◆顧客を愛顧客にする営業パーソンの育成
  • ◆中途・新卒社員の早期戦力化支援
  • ◆社員定着率の圧倒的な改善

当社での役割

  • ◆トイレ掃除(素手洗い)
  • ◆結婚式や出産のお知らせをいただいた際の心を込めた祝電や手紙の作成
  • ◆当社の経営や商品開発、催事等に関する企画立案(時に“思いつき”とも言われる)
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。