株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

代表パートナー平堀剛のブログ

Hot Willerへのエール

Hot Willerとは「独自の志を持ち、その実現に向けた活動を
実直に続けている人」を表す当社の造語です。そういう方々に向けた
応援メッセージを贈りたいという想いで毎月書いています。

#120

記念品もいいですが汗かきプレゼントはいかが

2018年3月6日

昨日(2018年3月4日)の小春日和の中、カミさんと60kmマラニックを楽しみました。
マラニックとは、マラソンとピクニックを重ねて造語で、ピクニックのように食事をとりながら景色を楽しみ、長い距離をゆっくり走るという意味です。

午前8時30分に自宅を出発。
国道一号線を上ると、8km過ぎに当社のオフィスがある高輪台駅に着きます。
この区間は、私もカミさんもお腹の調子が整わず、度々コンビニ立ちよったためペースは上がりません。
ちなみに走るスピードですが、1km当たり6分30秒から7分ペースなのですが、信号待ちがあるため、平均で7分30秒くらいになります。

高輪台駅から慶応三田、赤羽橋を経由して、増上寺を抜けて虎ノ門へ。
カミさんは、「東京タワーも間近に見られて、気分がいいね」と発し、調子が出てきました。
(自宅から東京タワーまでの距離:11km)

新橋から銀座に入ると、カミさんのテンションは一気に高まり、
「ブランド街をジョギングで通過するのは、なんだか格別な感じだね」
なんて言いながら、観光客の間を縫うように走ります。
(自宅から銀座までの距離:15km)

京橋から日本橋、東日本橋、両国、錦糸町、亀戸を経由して、荒川河川敷へ。
カミさんは、
「ここ(両国国技館)で、この間ボクシングをしていたんだね。」
(ボクシング好きな私に、3月1日に行われた世界タイトルマッチの話題に合わせて)
「亀戸は、見覚えがあると思ったんだけど、そうだよね。江戸切子を買いに来たんだったよね」
と、話もはずみ快調。
(自宅から荒川河川敷までの距離:26km)

荒川河川敷は、小松川、小岩、四ツ木、堀切、小菅、西新井を北上。
堀切周辺では、私が1週間前に参加した「葛飾区荒川河川敷堀切橋ウインターマラソン大会」で話が盛り上がります。
「このコースを、8周もしたんだ。私も一度、多摩川の同じような大会にあなたと出たけど、景色が変わらない単調なコースは、気が乗らないよね。だから、途中でリタイアしちゃったんだけどね」
という感じで。
(自宅から西新井橋までの距離:37km)

ここから、迷走。
あっちだこっちだの走りになってしまいました。
それは、今回のマラニックに、別の目標があったから。
2011年にカミさんとペアでウォーキングを始めて、東京23区を歩覇(歩いて制覇)するという目標を掲げチャレンジしていたのですが、江東区、江戸川区、葛飾区、足立区、練馬区、豊島区、中野区の7区が未歩覇だったため、今回のマラニックでこの区の通過を目標に定めていました。
歩覇の定義は、とにかく、当該区に足を踏み入れればいいということにしているので、マラニックの後半エリアの
練馬区、豊島区、中野区をなるべく短距離で攻略しようと地図を駆使してルート探索したのですが、思うようにはいきませんでした。
特に、練馬区をかすめるのに一苦労してしまいました。

後半の通過地点は、
自宅から40km地点、南千住(荒川区)。
自宅から45km地点、本駒込(文京区)。
自宅から50km地点、新板橋(板橋区)。
自宅から55km地点、小竹向原(練馬区)。
自宅から60km地点、落合(新宿区)。
となりました。

この日の走ったルートを区の単位で並べると、
大田区、品川区、港区、中央区、墨田区、江東区、江戸川区、葛飾区、足立区、荒川区、文京区、豊島区、北区、板橋区、練馬区、中野区、新宿区の全17区になりました。

過去のカレンダーを手繰ってみると、
「2011年10月1日:多摩川ウオーキングフェスタ33km」の履歴が見つまりました。
立川から自宅近くのガス橋まで、6時間30分をかけてカミさんと歩いていました。

こんな何気なく他愛もない趣味を始めて7年が経過した今、二人で60kmという距離のマラニックを楽しめるようになりました。

本日(2018年3月5日)は、結婚30周年(真珠婚式)。
今回のように、私の思いつきにも似た趣味や行動に、いつもニコニコと寄り添ってくれるカミさんに、ありがとうございますとの気持ちを込めて、30年の倍の数となる距離(60km)を定め、汗かきプレゼントをしました。
記念品もいいですが、その人への思いを汗で表す。
汗からカミさんが何を感じとってくれたかは不明ですが、走り終えた後に乾杯したビールをカミさんは最高の笑顔で飲んでいたので、わかってくれていると、いつものことながら勝手に解釈している私。
カミさんは、こんな流儀を貫く私とこれからも伴走してくれると信じて、二人三脚で歩みを進めていきます。

代表パートナー

平堀 剛

Hirabori Tsuyoshi

平堀 剛

1961年生まれ。東京都出身。

経歴

大学卒業後、電機メーカーに就職。先端技術の開発に汗を流すエンジニアを目の当たりにし、自分も何かをしたいと一念発起。学生時代からの夢、事業家(経営のプロ)を志しコンサルティング会社に転職。数多くの業界の経営実務に携わり上場(マザーズ)も経験した後に、小川とともに当社を起業。

コンサルティング・ポリシー

『本当の楽しみは、苦しみを乗り越えた者のみが味わえる』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆目標達成に執着する管理者の養成
  • ◆顧客を愛顧客にする営業パーソンの育成
  • ◆中途・新卒社員の早期戦力化支援
  • ◆社員定着率の圧倒的な改善

当社での役割

  • ◆トイレ掃除(素手洗い)
  • ◆結婚式や出産のお知らせをいただいた際の心を込めた祝電や手紙の作成
  • ◆当社の経営や商品開発、催事等に関する企画立案(時に“思いつき”とも言われる)
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。