株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

コンサルタント井口義隆のブログ

ハッと気づかされる大切なこと

プライベートと仕事は密接に関わっています。仕事と関係ないプライベートの
時間の中でも、アンテナを立てれば仕事に役立つことはたくさんあります。
そんな「ハッと気づいたこと」を大切にしたいという想いで毎月発信していきます。

#6

今月のお役立アプリ①「Runkeeper」

2018年7月3日

みなさん、こんにちは。
ここ数日暑い日が続いていますね。
私事ですが、最近少しづつランニングを始めました。
早朝に走るようにしているのですが、ここ最近は気温が高いので、
早くも心が折れそうになっています。

今日はそんなマラソンのお話を少ししたいと思います。
アッシュでは8月に厚木市の宮ケ瀬で開催される24時間リレーマラソンに参加することが
通例行事になっています。
これはチームを作り、リレー形式で一周1.7kmのコースを24時間走り続け、24時間で
何周走ることができるかを競う競技です。
ちなみに私はマラソンが苦手です。球技は好きで学生の頃はテニスをしていましたし、
他にもバレーやバスケ、卓球といった球技はどれも好きです。
テニスをやっていたので、中学生の頃は400mぐらいの校庭を20周走ったり、
高校生の頃は600mぐらいの距離を15周走ったりということはしていましたが、
走るのは苦手でした。
そんな私ですが、24時間リレーマラソンに出場することになり、
最近やっと練習を始めました。

練習を始めたきっかけは6月に開催された柴又100kmマラソンの応援をしたからです。
代表の平堀・小川がこの100kmマラソンに参加、
他にもアッシュと繋がりのある方々が参加され、その応援をしました。
朝7時前後にスタートをして夜20時頃にゴールします。
12時間近く1人で走り続けることになります。
皆さん50kmを超えると体力的にも気力的にも相当つらそうで、
80kmとなってくると外は暗く、無心でゴールを目指すそうです。

そんな苦行とも言える100kmマラソン。
ですがゴールの間際になると皆輝いて見えるのです。
やりきったという達成感で皆さん素晴らしい笑顔でした。
そして自分も疲れているはずなのに他の遅れて走っている人達を待ち、
ゴールの瞬間の感動を一緒に分かち合う。
そんな姿を見て、100kmに挑戦してみるかと沸々と思い始めました。
(ちなみに走ると決心して周りに言っていないので、
やんわりとした表現をあえて使っていますが、心の中ではちゃんと参加するつもりです)

100kmに挑戦するためには、しっかりと練習をしないといけない!
そう思い練習を開始しました。

100kmマラソンから話は戻して、24時間リレーマラソンですが、
代表の平堀・小川のチームの人達は1.7kmを7分~8分台で走るそうです。
これはせめて8分台にしなければと思い、
練習を1.7kmは時間を計測して8分台で走る、その後は軽めに走るということをしています。
走っている距離は5kmで、これを週に2回~3回走っています。
現在1.7kmまでが9分50秒ぐらい、これを9分切るところまで減らすことが
直近の目標になります。

そこでまずは形から。
ということでランニングシューズを購入し、記録用アプリケーションをダウンロードしました。
今私が使っているアプリケーションは「Runkeeper」というアプリです。
これはアシックスの子会社が運営していて、機能も充実しています。
僕が実際に使ってみて良いなと思っている機能は、
・GPSでコースを記録してくれる
・分/kmを記録してくれる
・カロリーを表記してくれる
まずはこの3点です。
携帯さえ持って走っていれば、全て自動で記録してくれるので、非常に楽です。
他にも週と月と年間で距離・平均ペース・消費カロリーを振り返れるので、
これも続けるモチベーションに繋がっていきます。
他にも私は使用していませんが、facebookの友達と繋がって、
お互いの走りの状況を知ったりもできるみたいです。
走り仲間が多い方にはとても楽しいコミュニケーションツールになるのでは
ないでしょうか。

Runkeeper
無料 / 一部有料
・GPSで追跡
・分/kmを記録してくれる
・カロリーを表記してくれる
・週・月・年でトレーニング状況の把握が出来る
・今までの合計が残せるから振り返りが簡単
・目標を設定できる
・週ごとのワークアウトが一目でわかるグラフになっている

無料でこれだけのことが出来るアプリケーションなので、
初めての方も携帯アプリケーションに慣れていない方もぜひ一度試してみてください。

これからは、今回のように生活が便利になるアプリケーションを紹介していきますので、
ぜひ読んでいただければと思います。
また「こんなの欲しい」というようなアプリケーションがあれば声をかけていただければ、
私の知る範囲でお伝え出来ますので、いつでも声をかけてくださいね。

それでは、8月の24時間マラソンに向けて、しっかりとトレーニングをしていきます!

コンサルタント

井口 義隆

Iguchi Yoshitaka

井口 義隆

1985年生まれ。神奈川県出身。

経歴

大学卒業後、テレビ番組制作会社に就職。民放でディレクターを経験した後、企業プロモーション用Web映像の制作に携わる。映像業界の次のステージとして、映像機材の販売する営業職を経験。昼夜も関係なく、激務が当たり前の映像業界に関わる中で、人を大切にする企業、働いていて楽しいと思える企業を増やしたいという思いからアッシュ・マネジメント・コンサルティングに入社を決意する。

セールス・ポリシー

『人との縁を大切に。「出会っていただいてありがとう」を忘れない』

当社での役割

  • ◆水を切らさず、在庫抱えずの絶妙なタイミングでおこなうウォーターサーバー用の水の発注
  • ◆眼窩底を骨折しながらもキックボクシングの試合で勝利した執念と根性でおこなう新規開拓
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。