株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

代表パートナー小川晴寿のブログ

Something H

当社の社名でもあり、コンサルティングのコンセプトであるH(アッシュ)。
Humanity,Honest,Hospitality,Humor, Health,Hard,Historyの
7つのH以外にもHのつく言葉にこだわって、
いい会社づくりに役立つ情報を提供していきたいと思います。

#31

【Hospitality】

2010年8月3日

●先日、前職時代の部下M君の結婚式にご招待いただきました。M君は、一緒に働いていた時からとても義理堅く、情に厚い男でした。今回の結婚式でも、新婦には内緒で、新婦の憧れの先輩を呼び、披露宴の入場シーンをその憧れの先輩が演奏するフルートの音色に包むという憎い演出を成功させました。先輩に気づいた時の新婦の表情に、思いやりの素晴らしさに対するすべての答えが詰まっていたように感じました。(ちなみに式当日は新婦の誕生日でした)

 

●さて、今回のSomething H のテーマは【Hospitality】について書こうと思います。【Hospitality】という言葉は、辞書を引くと、「厚遇、歓待、心のこもったサービス」等と説明してあります。日本語では「おもてなし」という言葉がしっくりくる感じでしょうか。ただ、【Hospitality】という言葉を使っている人たちの話をよく聴くと、「おもてなし」や「サービス」といった《行為》ではなく、「おもてなしの“心”」や「他人を思いやる“気持ち”」という《心の在り方》を意図して使われていることが多いように思います。【to do】ではなく【to be】です。

 

●みなさんは、志賀内泰弘さんという方をご存知でしょうか? プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動(http://www.giveandgive.com/)を展開されており、日本中にある“ちょっといい話”を集め、それを出版物や書籍、セミナー等、さまざまな形で伝え、出会う人をあったかい気持ちにしてくれる方です。先月、私も志賀内さんのお話を聴く機会がありました。運よく懇親会では隣の席に座ることができ、1時間近くも独占状態でした。

 

●話を伺っていると、志賀内さんも気持ちや想い、心といった「見えないもの」をとても大切にされていることが分かります。【Hospitality】の話になると、ディズニーランドやリッツカールトンホテルに代表される感動的なエピソードが紹介され、感心することしきりなのですが、一方で自分には到底できないなという感情も沸いてきて、いささか情けない気持ちにもなります。

 

●志賀内さんの話は少し違います。例えば、道でうずくまっている人を見かけたけれど、酔っ払っているのかと思って声を掛けずに通り過ぎてしまった。後になって、その人が急に具合が悪くなって救急車で運ばれたという事実を聞いた。この時に「私が通りかかった時に声を掛けてあげればもっと早く病院に行けたのにな。何で声を掛けられなかったのだろう」という気持ちになりますよね。志賀内さんは、そういう気持ち、心の在り方が一番大事だというメッセージを発信しているのだと思います。そういう気持ちを持っている人は、次にそういう場面に遭遇した時にきっと行動できる、次がダメでもその次があると。だから、情けない思いなんてしなくていいんだよって言ってくれているように感じるんです。

 

●【Hospitality】の語源は、Hospital(病院)にあると言われています。医師や看護士が患者の回復のみ願って献身的に尽くした様子が言葉の根本にあるそうです。医師や看護士の見返りを求めない心の在り方が私たちの中にも宿っているはずです。さまざまな出来事に、正面から向き合い、自分の心に耳を傾け、湧き上がってくる感情に素直に反応してみましょう。そして、私たち一人ひとりが、すでにプチ紳士・プチ淑女であることを自覚して毎日を過ごしていきましょう。

代表パートナー

小川 晴寿

Ogawa Haruhisa

小川 晴寿

1969年生まれ。千葉県出身。

経歴

経営コンサルティング会社に8年半勤務した後、ベンチャー企業の取締役として経営に参画。同社が3年で東証マザーズへ上場を果たす一翼を担う。その後、“やりがいを感じられる職場を1つでも多く増やしたい”という想いから、平堀と共にアッシュ・マネジメント・コンサルティングを設立。

コンサルティング・ポリシー

『1ミリの変化を心から喜ぶ』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆経営者の想いをワクワクする言葉で表現する理念策定支援
  • ◆採用ビギナー企業に対する適正コストでの新卒採用支援
  • ◆自ら考える人材を育成するケーススタディ研修の開発
  • ◆評価制度の運用・定着を通じたマネジメントの仕組みづくり

当社での役割

  • ◆辻を一流のコンサルタントにするために、ビシビシ教育すること
  • ◆イベントや制度のユニークなネーミング
  • ◆平堀が出したアイデアを実現可能なレベルにブレークダウンすること
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。