株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

代表パートナー小川晴寿のブログ

Something H

当社の社名でもあり、コンサルティングのコンセプトであるH(アッシュ)。
Humanity,Honest,Hospitality,Humor, Health,Hard,Historyの
7つのH以外にもHのつく言葉にこだわって、
いい会社づくりに役立つ情報を提供していきたいと思います。

#58

【HITOMUKASHI ~一昔~】

2012年11月12日

BRICsという言葉は、かなり有名になり、

ビジネスの世界に身を置いている方であれば、ほとんどの方が答えられるでしょう。

 

ブラジル(Brazil)、ロシア(Russia)、インド(India)、中国(China)という

経済発展が著しい4つの国の頭文字からなる造語です。

 

ゴールドマン・サックスのエコノミストが、

2001年投資家向けに書いたレポートの中で初めて用いられ、以後、すっかり定着しました。

何気なく使っていましたが、この言葉にも十年の歴史があるんですね。

 

最近では、ここに南アフリカを加えて「s」ではなく「S」と表記する

BRICSが正式名称になったという話もあります。

 

 

みなさんは、仕事をしていて、もしくは日常生活を送っていて、

BRICsの台頭を感じたことがあるでしょうか?

 

確かに、銀座あたりをブラブラしていると、中国人観光客が目につくようになりましたね。

飲食店や小売店のレジの横で銀聯カードのステッカーを見かけたり、

家電量販店で中国メーカーである<Haier>の製品を見かけるようにもなりました。

 

それでも、何だかんだ言って「日本は負けていない」と思ってはいませんでしたか?

実は、私もそう思っていました。

 

家族旅行でここサイパンに来るまでは…。

 

 

11月8日(木)の夜からお休みをいただき、

12日(月)までの予定でサイパンに旅行に来ました。

(このコラムは、ホテルのベランダで書いています)

 

サイパンは今回で3回目。

1回目は、結婚して初めてだから1998年の夏休み、妻と二人で。

2回目は、長男が1歳、2002年の夏休み、初めての家族での海外旅行として。

そして、今回2012年です。

 

今回、十年ぶりにサイパンを訪れ、数々の衝撃を受けました。

(多分、もっと早く受けなきゃいけない衝撃だったのかも知れません…)

 

過去、2回、私たちはホテル・日航サイパンに宿泊しました。

理由は、日系企業の経営であるという安心感からです。

 

当時、利用した飛行機はJALのRiso’chaでした。

カラフルな機体と機内サービスで出してくれるトロピカルドリンクが、

ウキウキ感を掻きたててくれたのを覚えています。

 

しかし、ご存知の通り、JALは経営不振から

ホテルの経営から手を引き、Riso’chaも廃線。

サイパンにJALの姿は見る影もありません。

 

ホテルのあった場所へも行ってみましたが、いわゆる廃墟。

タクシーの運転手が「ここはサイパンでNo.1のホテルだったのに…」と悲しそうに話していたのが印象的でした。

 

日航ホテルだけでなく、日本経済の凋落の影響をサイパンはもろに受けています。

日本人観光客を相手にしていたマッサージ店やカラオケ店は土日でも閑古鳥が鳴いています。

マッサージ店やカラオケ店だけでなく、

一番の繁華街と言われているガラパンがゴーストタウンのようでした。

オープンしている店は少なく、空き店舗の窓には「FOR RENT」の貼り紙が目立ちます。

 

ヒストリカル・ツアーでお世話になったガイドさんの話だと、

仕事がないせいで若者の島外流出が激しく、

サイパンの人口は全盛期の3分の1、4万人程度にまで減ってしまったそうです。

 

日本の地方都市と変わりません。

仕事柄、地方都市を訪れることの多い私の感覚では、

サイパンの方が酷いように感じます。

 

 

そして、日本人に変わって、この島に入ってきたのが、

中国人、韓国人、ロシア人です。

 

今回、私たちが宿泊したWorld Resortは韓国系資本のホテルです。

朝食のバイキングでは、キムチが山盛り!

 

数年前まで日系だった第一ホテルは

FIESTAと名前を変え、経営は中国系に移りました。

 

私たちが、好んで日航ホテルに泊まったように、

中国人や韓国人は、自国資本のホテルに泊まります。

だから、私たちの周りは韓国人ばかり。

娘が行く前に「竹島のことでいじめられないかな?」と心配していましたが、

それはなさそうです(笑)

 

DFSの一角にあるハードロック・カフェでは、

ショーに出演したエンターテイナーが、

“Thank you!”“アリガト”に続けて、

“シェイシェイ”“カムサハムニダ”“スパシーバ”と叫んでいました。

もちろん十年前にはなかった演出です。

 

海がキレイで有名なマニャガハ島へ行く船は、

中国人60%、韓国人20%、日本人とロシア人が10%ずつ。

船内のアナウンスも中国語が先です。

 

昨晩、ハイアットで観たマジック&ディナーショーでも

中国語、韓国語、日本語、ロシア語で「ショーの間は撮影禁止」という文字が

投影されていました。

最初に注意しないと中国人はバシバシ写真を撮るでしょうね(笑)

 

日本人に変わって、中国人、韓国人、ロシア人が入ってきたのだから、

島の経済は何とかなりそうなものですが、彼らは、まだ来るのが精一杯で、

たくさんのお土産や高いブランド品を買う程の経済力は、持ち合わせいないようです。

 

実際、ホテルでビュッフェスタイルの朝食をとっていると

持参したペットボトルに水を入れていく人、

テイクアウト用の容器をもらって、お昼御飯用に料理やパンを詰めていく人が

たくさんいます。

 

十年一昔 ~Hitomukashi~ と言いますが、

まさに今回、十年ぶりに訪れたサイパンは、

十年前の光景が色褪せてしまうほど、変貌していました。

 

十年前、すでにバブルは弾けていたし、中国の景気も良くなっていたけれども、

サイパンで日本人が少数派になるなんて想像もできませんでした。

 

確実に、世界は動いています。

ただ、知らないうちに、その大きなうねりの中で、

私たちは傍観者になってしまう。

 

大きな時代の流れに抗うことはできないのかもしれないけれど

傍観者にはなりたくないと強く思いました。

 

コラムを書き終えたら、ちょうど海に虹がかかりました!

この虹のように、人と人、国と国、文化と文化をつなぐ架け橋になれるといいですね。

 

そういう意味で、子どもたちはスゴイです。

ホテルのちびっ子プールでは、

韓国、中国、ロシア、日本、ミクロネシア、肌の色も言葉も異なるけれど、

自然と一緒に遊んでいます(笑)

 

Saipan World Resortのテラスにて。

 

 

東日本大震災の被害状況(警視庁・復興庁調べ)

死者:15,873人/行方不明者:2,768人 11月7日現在

避難者・転居者:324,858人(避難者:16,418人/転居者:308,440人) 11月7日現在

代表パートナー

小川 晴寿

Ogawa Haruhisa

小川 晴寿

1969年生まれ。千葉県出身。

経歴

経営コンサルティング会社に8年半勤務した後、ベンチャー企業の取締役として経営に参画。同社が3年で東証マザーズへ上場を果たす一翼を担う。その後、“やりがいを感じられる職場を1つでも多く増やしたい”という想いから、平堀と共にアッシュ・マネジメント・コンサルティングを設立。

コンサルティング・ポリシー

『1ミリの変化を心から喜ぶ』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆経営者の想いをワクワクする言葉で表現する理念策定支援
  • ◆採用ビギナー企業に対する適正コストでの新卒採用支援
  • ◆自ら考える人材を育成するケーススタディ研修の開発
  • ◆評価制度の運用・定着を通じたマネジメントの仕組みづくり

当社での役割

  • ◆辻を一流のコンサルタントにするために、ビシビシ教育すること
  • ◆イベントや制度のユニークなネーミング
  • ◆平堀が出したアイデアを実現可能なレベルにブレークダウンすること
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。