株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

代表パートナー小川晴寿のブログ

Something H

当社の社名でもあり、コンサルティングのコンセプトであるH(アッシュ)。
Humanity,Honest,Hospitality,Humor, Health,Hard,Historyの
7つのH以外にもHのつく言葉にこだわって、
いい会社づくりに役立つ情報を提供していきたいと思います。

#92

Hospitality

2015年10月13日

 

●大切な人の大切なものを大切にする大切さ

 

これは前職で一緒に働いていたM君がメールの署名に刻んでいた言葉です。

 

はじめてこの署名の入った彼からのメールを受け取った時に、

「すごくいい言葉だな」と思い、

記憶に留めると共に、自分の人間関係構築の指針にもしています。

 

今回は、この名言、「大切な人の大切なものを大切にする大切さ」を実感したエピソードを

ご紹介したいと思います。

 

 

今年、2015年は私の両親が結婚して50年の節目の年です。

その節目を盛大に祝うために、家族や弟夫婦と相談して準備を進めてきました。

 

宴の場所は明治記念館のレストラン、両親が50年前に式を挙げたところです。

両親からは明治記念館で式を挙げたことを幾度となく聞かされていましたが、

実際に足を踏み入れたことはありませんでした。

両親も結婚一周年に食事に来て以来、49年ぶりだったそうです。

 

館内に一歩足を踏み入れると、

「ここで写真を撮ったのよ」「あの松の木は変わってないな」

とタイムスリップしたような言葉がたくさん聞かれ、イベントは上々の滑り出しです。

 

 

次は、我が愚弟のサプライズ! 彼は現在ロサンゼルスに単身赴任中。

今回は当然来られないだろうと両親が思っているところに登場させるという算段。

弟を見た時の両親の嬉しそうな顔は私たちの宝物になりました。

 

その勢いのまま、写真スタジオでの写真撮影。

カメラマンにオーダーして50年前と同じポーズで撮ってもらいました。

子どもや孫に見られながら、二人きりの写真を撮る照れくさそうな両親を見て

この企画もやってよかったと思いました。

 

その後、明治記念館自慢の中庭で写真を撮り、予約したレストランへ向かいます。

今回のテーマであるHospitalityのエピソードはここで起こりました。

 

 

個室に通され、席に着いて談笑していると

しばらくしてテーブルの上に綺麗にラッピングされた箱があることに気づきます。

 

「きっと店からのお祝いじゃない?」と呑気なことを言いながら包みを開けると、

九谷焼のペアのマグカップがメッセージカードと一緒に入っていました。

(この時点でも店からのプレゼントであることを一同疑っていませんでした)

 

父がメッセージを読み出しました。

すると出だしが「晴寿君を・・・」

 

「晴寿君?」って店がそんな個人的なメッセージを書くか?

んッ、何かおかしいぞ。

そんな風に頭の中がグルグル回ること数秒。

 

父がメッセージを読み上げ、送り主の名前が告げられたところですべての謎が解決します。

これはアッシュ・マネジメント代表、平堀剛から粋な、粋なサプライズプレゼントだったのです。

 

 

妻からは「また、今日のことを嬉しそうに平堀さんに話したんじゃないの?」と突っ込まれましたが、

今回のイベントについて直接平堀に伝えた記憶はありません。

 

ただ、メンバーと情報を共有しているGoogleカレンダーには

“17:30から明治記念館で金婚祝い”と入力していました。

 

平堀は、その情報だけをたよりに明治記念館へ連絡し、

今回のサプライズを段取ってくれたんです。

 

弟の登場には1%の可能性を感じた両親もこれにはさすがに驚きの様子。

そして、一番驚いたのがこの私です。

 

この時、私の頭に過ったのが冒頭の名言、

 

●大切な人の大切なものを大切にする大切さ

 

でした。

 

 

私が大切にしている両親を私が想うのと同じくらいに大切に思ってくれる、

こんなに嬉しいことはありません。これがHospitalityの本質なんですよね。

 

平堀は、人生の節目で大切なことを教えてくれます。

それも教え、諭すのではなく、自らの行動で。

私にはこれが堪えます(もちろんいい意味で)。

今回もとても大切なことを教えてもらった気がします。

 

この関係は、一生こうやって続いていくんだろうなと思っています。

そして、そう思える存在が身近にいてくれることにこの上なく幸せに感じます。

 

平堀と初めて一緒に仕事をしたのが1995年、

気づけばこっちは20周年でした! 近いうちにしっぽりお祝いをしたいと思います。

 

 

2015年9 月10日現在の東日本大震災の被害状況(警視庁・復興庁調べ)

死者:15,893人(前回から1名増)

行方不明者:2,572人(前回より2名減)

*前回から情報の更新がなかったため、同じ数字を掲載しています。

 

 

代表パートナー

小川 晴寿

Ogawa Haruhisa

小川 晴寿

1969年生まれ。千葉県出身。

経歴

経営コンサルティング会社に8年半勤務した後、ベンチャー企業の取締役として経営に参画。同社が3年で東証マザーズへ上場を果たす一翼を担う。その後、“やりがいを感じられる職場を1つでも多く増やしたい”という想いから、平堀と共にアッシュ・マネジメント・コンサルティングを設立。

コンサルティング・ポリシー

『1ミリの変化を心から喜ぶ』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆経営者の想いをワクワクする言葉で表現する理念策定支援
  • ◆採用ビギナー企業に対する適正コストでの新卒採用支援
  • ◆自ら考える人材を育成するケーススタディ研修の開発
  • ◆評価制度の運用・定着を通じたマネジメントの仕組みづくり

当社での役割

  • ◆辻を一流のコンサルタントにするために、ビシビシ教育すること
  • ◆イベントや制度のユニークなネーミング
  • ◆平堀が出したアイデアを実現可能なレベルにブレークダウンすること
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。