株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

代表パートナー小川晴寿のブログ

Something H

当社の社名でもあり、コンサルティングのコンセプトであるH(アッシュ)。
Humanity,Honest,Hospitality,Humor, Health,Hard,Historyの
7つのH以外にもHのつく言葉にこだわって、
いい会社づくりに役立つ情報を提供していきたいと思います。

#109

必要・必然・タイミング  ~ Hitsuyo ・ Hitsuzen ・ Timing ~

2017年4月25日

桜の季節もすっかり終わって、
公園や街中の樹々が若草色に萌え始めています。

個人的には、走るにも丁度よく、
走り終わった後のビールも美味い、
今の季節が一番好きです。

3月は、我が子の卒業にあたって子どもたちに伝えたいことをしたためました。

4月は入学式の季節。
4月7日におこなわれた娘の入学式での出来事をご紹介したいと思います。

それは、在校生代表が娘たち新入生に向けて語った「歓迎の言葉」でした。

代表の生徒は女子。
でも、登壇する時の歩き方がやけに堂に入っており、
肩で風を切っているような様子。

がっちりした体格から
ガチで何かしらのスポーツをやっていることは想像ができました。

話を聞けば、彼女はレスリングに打ち込んでいて
本気で2020年の東京オリンピックを目指しているとか。

そんな彼女が、新入生に向かってしたスランプの話が素晴らしかったんです。

彼女は、力強く前を見据えて、こう断言しました。

「スランプは必要、必然、タイミング」

そして、こう続けます。

「スランプは、今の私に必要だから起こる」
「スランプは、これまでの私が引き起き起こした必然の結果」
「スランプは、私にとって絶好のタイミングでやってくる」

「そう考えられるようになって、
私はスランプをポジティブに捉えられるようになり、
スランプから早く抜け出せるようになりました」

スゴイ! 素晴らしい!! ブラボー!!!
スタンディング・オベーションです!!!! (やってませんが)

この話を聞いて、

やっぱりオリンピックを目指すような子は違うなぁー

と言って片づけるのか、

いやー、勉強になった

と自らの人生の糧にするかは、一人ひとりの自由ですが
ちょうど人材育成について悶々とすることがあった時期だったこともあり、
彼女の言葉に自分の気持ちを前向きに整理するキッカケをもらったような気がしました。

Oさん、ありがとう。
2020年の東京オリンピックでの楽しみにが増えました。
きっとあなたなら!!

吉田も、伊調もいいですが、オジサンはあなたを精一杯応援します。

その日の夕食の時、娘に言いました。
「入学式の『歓迎の言葉』、本当にいい話だったね」と

すると娘は「スランプって何?」

私は「・・・・」

お後がよろしいようで。

●2017年4月13日現在の熊本地震の被害状況
死者:225人(前回から21人増)
→内訳:直接死50人・関連死170人・豪雨被害関連死5人
行方不明者:0人
負傷者:2,753人(前回から26人増)
被害総額:最大4.6兆円

代表パートナー

小川 晴寿

Ogawa Haruhisa

小川 晴寿

1969年生まれ。千葉県出身。

経歴

経営コンサルティング会社に8年半勤務した後、ベンチャー企業の取締役として経営に参画。同社が3年で東証マザーズへ上場を果たす一翼を担う。その後、“やりがいを感じられる職場を1つでも多く増やしたい”という想いから、平堀と共にアッシュ・マネジメント・コンサルティングを設立。

コンサルティング・ポリシー

『1ミリの変化を心から喜ぶ』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆経営者の想いをワクワクする言葉で表現する理念策定支援
  • ◆採用ビギナー企業に対する適正コストでの新卒採用支援
  • ◆自ら考える人材を育成するケーススタディ研修の開発
  • ◆評価制度の運用・定着を通じたマネジメントの仕組みづくり

当社での役割

  • ◆辻を一流のコンサルタントにするために、ビシビシ教育すること
  • ◆イベントや制度のユニークなネーミング
  • ◆平堀が出したアイデアを実現可能なレベルにブレークダウンすること
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。