株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

コンサルタント辻勇作のブログ

ちょっと感動した話

日々の仕事の中で「感動」を忘れない人間でありたい。
小さなことにも感動を掬い取れる感度のいいアンテナを
持っていたいという想いで毎月メッセージを発信しています。

#7

岡ちゃんのガッツポーズと自分たちに出来ること

2010年6月22日

今回のちょっと感動した話は先日のサッカーW杯の日本vsカメルーン戦についてです。

 

●ワールドカップ 日本vsカメルーン戦

 

皆さんは、ワールドカップ日本vsカメルーン戦はご覧になりましたか?私は友人と一緒に観戦していました。パブリックビューイングに映る試合前の中澤選手や阿部選手の真剣な表情を見て、我々も「うわ~、緊張するな~」とソワソワするような緊張を感じながら試合を見ていました。そして、待ちに待った日本代表の得点シーン。松井選手が右サイドを駆け上がり、センタリングを上げ、そこには大久保選手と本田選手が走り込む。大久保選手がゴール正面に走り込み、その外側に走り込んだ本田選手がボールをトラップし、冷静にゴールにけり込み、ゴール!!!!友人と共に観戦していた私も「よっしゃー!ナイス、本田!」って叫んでいました。

 

●岡ちゃんのガッツポーズ

 

このシーンの後、岡田監督がテレビの画面に映りました。岡田監督は右手を強く握りしめて、ガッツポーズ!表情は「よっしゃ、やったった!本田良くやった!」という感じでした。その岡田監督の姿を見て、私は急に感情が高ぶり、「岡田監督、本当によくがんばってきたな~!この人、本当に辛い思いをしてきたんだろうな」という気持ちでかなりウルウルきてしまいました。これまで日本代表の試合で結果が出ない時はメディアには「岡田、交代しろ!」と徹底的に叩かれ、あたかも岡田監督が悪者のように報道されてきたこと、さらにサポーターや評論家からも批判される中、耐え忍びながらも前向きに努力し続けた結果がここに結実したんだろうな~、普通の人だったら人間不信になってしまうような苦労を乗り越えてきたんだろうなと岡田監督のこれまでの足跡を想像し、そのがんばりに感動をしたのだと思います。プレイしている選手よりも岡田監督のガッツポーズが印象的でした。

 

●元日本代表監督オシムさんのメッセージ

 

私は元日本代表監督のオシムさんが好きで著書を読んだり、インタビュー番組を見たりする中で特に共感している姿勢があります。それは「日本は日本代表に注目し、批判することも必要だ。しかし何よりも日本人は日本代表を信頼し、自分(サポーターやメディア)に出来ること、つまり応援し、見守ることも必要だ!」という姿勢を一貫して仰っています。最近、政治に対しても同じ事が言われています。リーダーを信じ応援続ける人がいないため、政権が続かない。結果、1年単位で国のリーダーが変わってしまうことに共通点があるように思います。企業でも同じことが言えると思います。経営陣の出す方針や戦略に対して「また、思いつきの指示ばかりして、そんなんで上手くいくわけないよ」といった批判する人はいるが、一緒になって考え、改善していくような人が少ないのではないかと思います。そんな状況では健全な経営が出来るはずもありません。オシムさんは日本国民の風土として批判的な要素があるとも仰っています。しかし、これは変えていかなければならない点だと思います。

 

岡田監督のガッツポーズに感動した一方で、自分も含め日本人としての姿勢を見直さなければならないことを改めて感じた出来事でした。

コンサルタント

辻 勇作

Tsuji Yusaku

辻 勇作

1978年生まれ。奈良県出身。

経歴

新卒で経営コンサルティング会社に入社。アウトプレースメント事業、自動車関連の新規事業立ち上げを経験後、社内人事として評価制度改訂・採用方法の刷新など組織変革を推進。7年半勤務後、2009年12月アッシュ・マネジメント・コンサルティングに入社。

コンサルティング・ポリシー

『人の可能性を最後まで信じる』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆サーベイに基づく経営者に対する事業構想研修
  • ◆新規事業の黎明期における営業活動の基盤づくり
  • ◆同行による密着型の営業力強化支援
  • ◆ベンチャー企業における“重たくない”人事評価制度の策定

当社での役割

  • ◆明石家さんまを彷彿とさせる常人離れした関西ノリのリアクションで平堀と小川をその気にさせること
  • ◆小川がブレークダウンしたタスクを粛々と消化し、納品物に仕立て上げること(一番汗をかいてます!)
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。