株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

コンサルタント辻勇作のブログ

ちょっと感動した話

日々の仕事の中で「感動」を忘れない人間でありたい。
小さなことにも感動を掬い取れる感度のいいアンテナを
持っていたいという想いで毎月メッセージを発信しています。

#36

自分の夢の進捗を振り返る

2012年12月26日

去年の12月のコラムは、「私の夢」について書きました。

 

その内容を一文で表現すると、「一人ひとりの強みを引き出し、多くの企業を元気にし、

 

いつか日本の社会をより良いものにしていきたい」という内容です。

 

(詳しくはこちら http://www.h-mbo.com/wp/pastcolumn_tsuji/no-24-2011-12-29

 

 

 

今回のコラムは、今年一年を振り返ってみて、

 

「私の夢は、実現に向けて前に進んだのか?」

 

「夢の実現に向けて、具体的な道のりは見えてきたか?」

 

という、「夢に現実を近づけることかできたかどうか」について進捗を報告します。

 

 

 

 

 

◆やりたい仕事である、「人の強みを見つけ、伸ばす仕事」はできたか?

 

 

 

これについては、残念ながらできていません。

 

 

 

個人的に友人から「強みについて相談したい」という話を受けて、話し合ったり、

 

仕事での協力会社の社員の方と、その方の強みやその伸ばし方について

 

一緒に検討したりはしましたが、あくまで個人レベルであり、

 

仕事まで発展させることはできていません。

 

 

 

私の仕事においては、いくら「強みに関わる仕事がしたい」と思っていても、

 

そのプログラムを試作し、トライアルした上で、世の中にリリースできるものを

 

作らなければ、仕事に発展させることは難しく、今は日常の仕事に埋没し、

 

中長期的な取り組みを先延ばししてきました。

 

 

 

 

 

◆夢の実現に向けて、具体的な道のりは見えてきたか?

 

 

 

これについては、手応えを感じています。

 

 

 

最近実施したいくつかのセミナーである

 

「周囲の期待に応えられる気配り社員になる」

 

「段取り力を高め、仕事のヌケモレをなくす」

 

「中堅社員が一歩前進するための3つの考え方」

 

などは、強みを伸ばすことを主眼においたテーマではありませんが、

 

これらのセミナーがきっかけに強みが見つかる人もいることを

 

目の当たりにしました。

 

 

 

これまでは、

 

「強みを引き出すためのセミナーを開発しなければならない!」

 

と考えており、上記のようなセミナーをいくらやっても、人の強みは見つけられないし、

 

伸ばすこともできないと思い込んでいました。

 

 

 

しかし、現在実施しているセミナーの内容を一つ一つ見直し、

 

「わかりやすく」「実践的なもの」に磨いていくことにより、

 

セミナーの受講者の強みを引き出すことにつながることに気づきました。

 

 

 

これも、一年もの間、たくさんのセミナーを実施しながら、

 

「人の強みを見つけ、引き出すにはどうしたらいいのか」を

 

考え続けてきたからであり、すぐに答えが出なくても、

 

模索し続けて本当に良かったと思います。

 

(たくさんの貴重な機会をいただいたクライアントやパートナー企業の方々に多謝です(^^))

 

 

 

 

 

◆夢の実現に向けた課題は?

 

 

 

「現実直視」です。

 

 

 

私はこれまで、たくさんの本を読み、様々な人の話を聞き、

 

「自分は人の強みを見つけ、伸ばすことができる」と信じて取り組んできましたが、

 

直近の3年間の夢への歩みは非常にゆっくりです。

 

 

 

歩みが遅い最大の理由は、

 

無意識的に、「時間さえあれば、強みに関する仕事に取り組むことができるのに・・・」と

 

できない理由を時間に求め、自分の知識・能力における課題に目を向けようと

 

しなかったことが挙げられます。

 

 

 

自分の知識・能力が不足しているという現実を直視しなければ、

 

いつまで経っても「自分はできるはずなのに・・・」「できないのは環境のせいだ・・・」

 

という認識を持ち続けてしまいます。

 

 

 

逆に現実を直視することで、

 

自分の知識・能力の不足に気づき、自分を高めようと日々努力することにつながります。

 

本当に夢を実現したいのなら、現実を直視することから始めなければなりません。

 

 

 

 

 

◆夢への進捗を振り返って

 

 

 

年末が近づき、今年を漠然と振り返っているだけでは、

 

「今年は結構頑張った」「いろんな成果も上がったし、いい一年だった」と満足感を

 

持っていました。

 

 

 

しかし、【自分の夢】という視点で振り返ると、

 

課題は山積みであり、自分の課題に対して、もっと真摯に向き合って

 

いかなければならないと実感しました。

 

 

 

現在からの積み上げ、目先だけを見ていたら満足してしまいやすいですが、

 

本当に実現したい夢があるならば、常にその夢と比較しなければ、

 

夢は近づかないし、そんなことは昔から認識していたはずにも関わらず、

 

行動が伴っていない自分に気づく、いいきっかけとなりました。

 

 

コンサルタント

辻 勇作

Tsuji Yusaku

辻 勇作

1978年生まれ。奈良県出身。

経歴

新卒で経営コンサルティング会社に入社。アウトプレースメント事業、自動車関連の新規事業立ち上げを経験後、社内人事として評価制度改訂・採用方法の刷新など組織変革を推進。7年半勤務後、2009年12月アッシュ・マネジメント・コンサルティングに入社。

コンサルティング・ポリシー

『人の可能性を最後まで信じる』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆サーベイに基づく経営者に対する事業構想研修
  • ◆新規事業の黎明期における営業活動の基盤づくり
  • ◆同行による密着型の営業力強化支援
  • ◆ベンチャー企業における“重たくない”人事評価制度の策定

当社での役割

  • ◆明石家さんまを彷彿とさせる常人離れした関西ノリのリアクションで平堀と小川をその気にさせること
  • ◆小川がブレークダウンしたタスクを粛々と消化し、納品物に仕立て上げること(一番汗をかいてます!)
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。