お役立ち資料

HOME

H[aʃ ]な推薦本

HOME
>
H[aʃ]な7つ道具
>
H[aʃ ]な推薦本

弊社コンサルタントが感銘を受けた書籍を紹介します!H[a? ]な推薦本!

AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器である

【著者】    成毛 眞

【出版社】  SB新書

 

オバマ大統領の肝煎りで米国が推進したSTEM教育。一人一台スマホを持ち、これだけ様々なテクノロジーが発達してくるとその重要性がひしひしと伝わります。STEMとは<Science, Technology, Engineering, Mathematics>の頭文字を取った造語、そこにArtを加えてSTEAM。初級者向けの本ですが、私立文系コースを歩んだ方が危機感を持つには十分です。

読んだら忘れない読書術

「読んだ本の内容を忘れず、知識としていく」これができたら、非常にメリットがありますよね。本書は、どうしたら忘れず知識として定着させることができるのか、との問いに、具体的策を提示してくれている一冊です。

トヨタの伝説のディーラーが教える 絶対に目標達成するリーダーの仕事

従業員満足度を高めるだけでなく、同時に目標達成をし続けるためのマネジメントの仕方やマネージャーの在り方についての1冊。実行可能な実践的な内容が盛りだくさんで、目標達成に悩むマネージャーは必読です。

チームのことだけ考えた。

サイボウズ創業者である青野慶久氏がサイボウズの人事戦略の変遷について著した一冊。ミッションからスタートし、一つひとつの言葉の定義づけ、ミッションを達成するという目的にこだわる人事施策の数々が端的にまとめられています。時短・在宅等、「ITだからできること」も多く、全業種がそのまま取り入れられない施策もあるが、自社に合った人事施策への執着は一読の価値ありです。

USJを劇的に変えた、たった一つの考え方

ユニバーサルスタジオジャパンを右肩上がりの売上にした、敏腕マーケター森岡氏の著書。日本の企業のほとんどがマーケティングができていない。その背景に、規制と終身雇用、そして技術志向のバリアがあると森岡氏は主張する。売るためのノウハウの概論がわかりやすく解説されている。

幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えⅡ

一般的に、上司が部下に対して褒めたり、叱ったりすることは人材育成の一環と捉えられています。しかし、アドラーは「褒めても、叱ってもいけない」と言っています。では、どのように部下を教育し、自立を促すのか、その明快な答えがここにあります。

世界一清潔な空港の清掃人

「プロフェッショナル仕事の流儀」で2015年最高視聴率だった著者。単純労働になりがちで、モチベーションを上げにくい清掃の仕事にプロとしての誇りを持ち、やりがいを見出す姿には強い感銘を受ける。多くのビジネスパーソンに読んでもらい、自分の仕事の意味と価値について考えてもらいたい。

仕事ができる人の「日本史」入門ービジネスに生かす! 先人たちの発想と問題解決術

今も昔も変わらない「思い」「目標」の大切さ。まず「自分」を知ることで「相手」を理解する。時代をただ繰り返すのではなく、それぞれの時代背景と成功・失敗の要因を分析することで、時代の車輪を前に転がせるよう歴史から学びたいものです。

飲めば飲むほど業績が上がる「飲み会」仕事術

著者が主張する「仕事の基本は「飲み会」で養われる」論には説得力があります。それは「また、一緒に飲みたい」と思われるビジネスパーソンが仕事で成果を上げないはずがないからです。単なる「飲み会」に終わらせないノウハウがふんだんで、新入社員向けのテキストとしても利用価値大です。

伝わるデザインの基本 よい資料を作るためのレイアウトのルール

かっこいい資料を作りたい方におススメ!本書はデザイナーでなくても、センスがなくても、魅力的な資料を作るためのルールがこの1冊に収まっています。事例が豊富でわかりやすく、実践ですぐに使えること間違いなしです。

お客様がお店のことを話したくなる! クチコミ販促35のスイッチ

「口コミは偶然の産物か?」―答えはNo! 口コミには法則性があり、それを押さえることで意図的に口コミを引き起こすことも可能になるのです。実例が豊富に掲載されているので、読めば読むほどアイデアがわき出てきます。

MBB:「思い」のマネジメント

人間は皆「何とか実現したい」という思いを持ち、不可能を可能にしていく力を持っています。その個人の思いと会社のベクトルを合わせるのが、MBBです。会社の成長が社員に仕事の喜びをもたらすことほど、幸せなことはありません。そして日本流マネジメントこそ、その実現の可能性を秘めているのです。

絶体絶命でも世界一愛される会社に変える! ―2代目女性社長の号泣戦記

産廃業者の石坂産業は、1990年代にダイオキシンを垂れ流しているという風評被害にあい、経営が傾きました。この危機で陣頭指揮を執ったのは、2代目女社長。休憩室にはエロ本がゴロゴロと転がっている男くさい組織に女社長が敢然と立ち向かい、改革を成功させる実話から、大いなる勇気をもらえます。

ALLIANCE アライアンス―人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用

最先端のビジネスやサービスが生まれるシリコンバレーの成功要因を”雇用形態”という視点で考察。シリコンバレーでの雇用の仕方には、優秀な人材を採用し、パフォーマンスを十二分に発揮してもらうためのヒントがたくさんあります。いつの日か日本でも、この”アライアンス”という考え方が主流になっているかもしれません。

新・観光立国論

現在は日本企業の社長であり、元々は敏腕金融アナリストの著者が、日本でもてはやされている「おもてなし頼みの観光戦略」を論理的に喝破し、観光立国として在り方と目指すべき方向性をわかりやすく説いた一冊。

耳の痛い話も多いが、日本の観光立国としての可能性が感じられ、元気になれる良書です。

日本人の誇り

今の日本は、どうも「芯」がない気がします。この本を読み、その理由が明確になりました。日本人は歴史事実を事実として真正面から捉え、学び、どう生きるかをもっと真剣に考える必要があります。

いわゆる「日本人らしさ」に誇りをもって次の時代を生きる準備をしなければ、と痛感しました。

私はコンシェルジュ

「言葉の向こうの心を読む、攻めのおもてなし」をするのがコンシェルジュの仕事だと主張しています。攻めのおもてなしをするには、幅広い知識と経験を身に付ける必要があります。めったにない問い合わせにも対応できるよう、日々、努力を重ね、かつ、同じ仕事の繰り返しも飽きずに取り組むことが肝心だと阿部さんは訴えています。

嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え

本書は、豊かな人生を歩むには、これまでの自分の生き様に囚われず(トラウマなんて気にせず)どんな人生を歩みたいのかをデザインし、このイメージに向かって生きていく勇気を持つよう、

勧めています。これまで、脛にたくさんのキズをつけてきた我々の気持ちを楽にしてくれるだけではなく、自身の可能性にかけてみようとの希望も与えてくれます。

大前研一 日本の論点 2015~16

大前研一氏は、問題指摘方と揶揄される評論家とは異なり、取り上げた問題に対する解決策(政策)を必ず提示します。

しかも、これまで彼が提言した政策は、政治、経済という分野に幅広く展開もされています。

自社の近未来を展望するネタ本としての購読をお勧めします。

経営者に贈る5つの質問

経営コンサルタントの大家ドラッカーが経営者に問う5つの質問に真剣に向き合うと、経営の軸がブレル以前に、軸が明確でないことに気づきます。

経営の軸が明確でなければ、もぐら叩きのような対処療法を続けるだけで、経営活動の質は一向に高まりません。事業計画を立案する時期に、ドラッカーの5つの質問と格闘してみてはいかがでしょうか。

「本気で生きる」以外に人生を楽しくする方法があるなら教えてくれ

自称プロ応援団団長が若人に送る、真剣に本気で生きることの醍醐味論。目の前の問題から逃げないことが、自分が自分を認める、最良の方法であると武藤氏は自分の体験から力説しており、私も、この考えに賛同できます。新入社員に、パート・アルバイト社員に、特におすすめできる本です。

1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ

ガトーショコラ単品で、1ヶ月に1,000万円以上を売り上げるお化け業態。こんな成功ストーリーを生み出すのに、著者は、ち密に工夫を凝らします。商品作りから、パッケージ、そして、SNSなどもからめたマーケティングまで、全てが考え抜かれた戦略があります。

選択の科学

社会心理学者の著者が、数々の実験を通じて、人がどんな影響を受けながら、物事を選択しているかを解き明かしています。自分で意思決定しているつもりが、そうではない。そんな本質を教えてくれます。

10年後に食える仕事、食えない仕事

既存の職業を【スキルタイプ】×【日本人メリット】という2軸で組んだマトリクスで①重力の世界②無国籍ジャングル③ジャパンプレミアム④グローカルという4つのタイプに分類している点がユニークです。今後10年の日本人を取り巻く雇用情勢や労働環境がどのように変化していくのかを知る良書です。

ハッピーバースデイ 3.11

2万人を超える死者・行方不明者。亡くなった命ばかりを数えたこの一年。その裏で、誕生していた新しい命。駐車場での出産、浸水する病院、停電や寒さとの闘い・・・。命の尊さを伝えてくれる感動のルポタージュです。

福島原発事故 独立検証委員会

未曾有の大惨事となった福島原発。事態が悪化すれば、首都圏を含む3000万人の避難が必要となる可能性もありました。我々は、この人災に遭遇した歴史上の一員として、事故事実の詳細を学ぶ義務があります。

訣別―大前研一の新・国家戦略論

大前節炸裂! 日本に対する全面的なダメ出しと2025年のビジョンを示した一冊。硬直化した体制と訣別するためのアイデアが満載。今後の日本を考える上では一読の価値ありです。

采配

落合監督の一貫したマネジメント理念を、ビジネスのシーンに結びつけて学べます。勝利の方程式ではなく、勝負の方程式。目白押しのオレ流表現を、お楽しみください。

会社と仕事を変えるデザインのしかけ

ロゴマークやホームページ、名刺等、中小企業ではおざなりになりがちなデザインマネジメントに関して、分かりやすく書かれています。オススメ!

憂鬱でなければ、仕事じゃない

人を動かす仕事の仕方についての、幻冬舎の見城さんとサイバーエージェントの藤田さんの対談集です。

でんかのヤマグチさんが「安売り」をやめたワケ

売上ではなく粗利、安売りではなく高売り、顧客を絞り、徹底してロイヤルマスターに尽くすヤマグチ流の地域密着型経営は小が大に勝つヒントが満載です。

会社は変われる! ドコモ1000日の挑戦

コカ・コーラで数々の成果を収めた魚谷氏が、マーケティングの視点から業界の巨人ドコモを変えていく様子がわかりやすく書かれています。

秋元康の仕事学

面白いと思ったことに付箋を貼る、壁があったら乗り越えずに左右にズレる、予定調和をあえて崩す等、ヒット・メーカー秋元康の仕事の仕方を垣間見られます。

書いて生きていく プロ文章論

主張を明確にする、文章を一度寝かる等、やってみると効果のあることばかり。文章が苦手な人は勿論、得意だと思っている人にもお薦めです!

ひたむきな人のお店を助ける魔法のノート

「もしドラ」の作者、岩崎夏海氏も推薦! 売り上げ拡大のためのノウハウを、面白おかしく、そして血の通った物語で解説してくれます

国をつくるという仕事

世界銀行に入った著者は途上国を担当。安易な援助ではなく、志あるリーダーを支援し、自律的な貧困脱出を促す。真のリーダーシップについて考える良書。

スモールビジネスマーケティング

大学教授が書いたマーケティング本。中小企業の強みを活かす理論がわかりやすく整理されており、顧客満足向上、固定客づくりをしたい方におススメ。

買わねぐでいいんだ

山形新幹線の車内販売で、平均の6倍を売り上げる驚異の販売員物語。お客様へのハートがあり、目から鱗の工夫も凝らされている。全員にお薦め。

I am here.

全米女子ツアーで初勝利をあげる1年以上前に出版。今シーズンの活躍など想像すらできなかった。しかし、藍ちゃんは確信していた・・・

裸でも生きる

バングラデシュへ渡った著者は“正義や努力が日の目を見ない社会”に直面し、立ち往生する。悩み抜いた彼女はマザーハウスを設立。そこで何が・・・。

奇蹟のワイン

世界で認められる極上のワインを造ったこころみ学園。園長川田昇氏の強い思念と行動力、知的障がいを持つ園児のひたむきな仕事に心が震えます。

働く幸せ

TVや雑誌でも頻出の日本理化学工業。従業員の70%超は知的障がい者。しかし、様々な工夫によって彼らは健常者以上の仕事をしてみせる。

奇跡のリンゴ

死に物狂いとは正にこの本の主人公のことを言うのだろう。誰も成し遂げたことのない大事には正気ではなく狂気で臨む。そして、答えは根の中に・・・。

俺がつくる

痛くない注射針を作った町工場の親父のヒーロー的存在。下請け依存体質から脱却するための考え方を学ぶことができ、勇気を与えてくれる本

愛される接客

レストラン事業で快進撃を続ける㈱HUGE新川義弘氏の第二作。業種を問わず、ホスピタリティの真髄が分かりやすく学べる渾身の一作!

日々これ掃除

イエローハット創業者、鍵山秀三郎氏が掃除哲学を確立するに至った半生をふり返る。掃除を続けることで達した境地、凡事徹底の真価に触れる1冊!

ゴキブリだんごの秘密

年商8億円、経常利益2.4億円、社員数36名の超優良企業。主力商品はなんと2500円のゴキブリキャップ。そこには計算し尽された戦略が・・・

夢をかなえるゾウ

自己啓発本の重要性は理解していても取っつきにくいなという方にピッタリの1冊。ガネーシャの教えの一つひとつにイ一々納得です。

あんなぁ よおぅききや

京都に320年続く老舗半兵衛麩。先祖代々受け継がれてきた商売の極意、人の道の真髄をわかりやすく説く!

かばんはハンカチの上に置きなさい

生保のトップセールスマンの川田氏は新聞も本も読まない。一番大切なことは本の中ではなくお客様と皆さんの間にあると説く

NASAより宇宙に近い町工場

「どうせ無理・・・」廃絶を訴える著者が、みんなが夢を持ち、工夫をして『よりよく』を求める社会をつくることを提唱する。

儲けないがいい

奇跡のリンゴの木村秋則氏と日本理化学工業の共通点。先が見えない時代だからこそ先人が紡いできた先義後利に基づく経営が重要である

日本でいちばんたいせつにしたい会社

000社のフィールドワークで見出した「日本一」価値ある企業とは? 企業が誰のものなのかを考えさせられる1冊です

君を幸せにする会社

温泉街の老舗旅館の経営再建をテーマにした寓話を通じて【働くことの本当に意味】を考えられる1冊。ビジネス書が苦手な方でもすんなり読めます

H(アッシュ)な経営

当社コンサルタントによる共著。健全に持続していく組織づくりのポイントを採用や教育等の人事・組織づくりの機能と当社独自の7つのHの視点から解説