お役立ち資料

HOME

H[a∫]なケーススタディ100本ノック

HOME
>
H[a∫]なケーススタディ100本ノック
>
【89号】 対象者/管理職

たった3分で【人材】を【人財】へと変貌させる超実践型プログラム H[aʃ ]なケーススタディ100本ノック

外部研修はお金が掛かる。かといって自前で研修の準備をすると手間がかかる。 

そんな皆様のお悩みにお答えするために研修資料の無料提供サービスを開始します!

提供する資料は、すべて問題と回答・解説の各1ページずつのケーススタディ。
問題についてみんなで考え、答えが出揃ったところで解説を加え理解を深めていきます。
解説は、考える際のポイントを整理したものになっているのでどんな業種や職種でもご活用いただくことができます。

ただし、解説に書かれた内容が自社の経営理念や考え方と異なる場合はご利用をお控えください。
また、回答・解説に記載されたコメントはあくまでも当社固有の価値観に基づいております。
したがって、回答・解説に関する異論反論はお控えください。 

資料の出処を明らかにしていただければ社外で使っていただいても構いません。
(ただし、同業の方はご遠慮ください。皆さんのモラルを信じます) 

このケーススタディを有効に活用して、いい会社、いい組織づくりにお役立ていただければありがたいです。

ケーススタディの進め方を見る

たった3分で【人材】を【人財】へと変貌させる超実践型プログラム H[aʃ]なケーススタディ100本ノック

【89号】 対象者/管理職

道具の本来の使い方を通して、人の使い方について考えていただくケーススタディです。色々な道具、そして一緒に働いている人について、それぞれの特性や役割を考えてみましょう。(2014.7.24)

====================================================================
※それぞれの画像はクリックで拡大します。
拡大後、【右クリック】→【名前を付けて画像を保存】でダウンロードが可能です。

====================================================================

たった3分で【人材】を【人財】へ 超実践型プログラム H[aʃ]なケーススタディ100本ノック
  • ケーススタディ一覧
  • コンサルティング事例
  • 会社情報

コンサルティング事例

一覧を見る
教育・研修 その他
自己革新研修で経営幹部の風格が。
やれることを見つけて行動する積極性が向上。
管理者向け自己革新研修 [延べ100社、500人が受講] 研修対象者と課題 ●研修対象者:マネジャー ●研修受講者の課題 ž・チームメンバーに厳しい指摘ができない ž・事務的で中身の薄い会議しか運営できない ž・三日坊主で持続力がない…
マネジメント強化 レンタル・リネンサプライ・介護関連
支援開始半年で黒字化に成功。
毎月数千万円の利益を計上できるような経営体質に転換。
毎月数千万円の利益を計上できるような経営体質に転換 [R社(レンタル、リネンサプライ、介護関連)] クライアントの課題 ž 人材派遣企業をメイン顧客にした戦略が功を奏しレンタル事業を急拡大できましたが、リーマンショックによる景気低迷で人材…
理念策定・浸透 レストラン・飲食店の経営・ブライダル
同業他社と一線を画す、オリジナリティあふれる経営理念を策定。
志願者の多くが理念の共感を志望動機に。
同業他社と一線を画す、オリジナリティあふれる経営理念を策定。 [H社(レストラン・飲食店の経営・ブライダル)] クライアントの課題 žž 創業時からH社には「我々H社は、最大限に個々の創造力を引き出し、最大限に権限移譲をおこなう真のホスピ…

関連するケーススタディ

採用/考え方  対象:幹部社員/管理職/経営者
採用の成功確率を上げるための段取りの工夫
採用の成功確率を上げる「魅力的な求人広告」の作成に取り組みましょう。(2015.02.16)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:管理職
仕事の見える化の重要性
社員一人ひとりの真の実力を明らかにし、本当に有効な「強化」をするためにも仕事を見える化しましょう。(2015.06.08)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:管理職
管理職としての人材マネジメント
人材の早期退職の多い職場は、慢性的な人手不足、担当を兼務するプレーイング・マネージャー等、構造的な要因も大きい問題ではありますが、管理職として人材マネジメントの仕方を改めなければ、本質的な問題は解決することはありません。(2013.5.31)…
解説の詳細を見る
考え方  対象:管理職
組織人としての責任感
「どうせ言っても聞き入れられないから」と目標を受け入れたふりをしておいて、結果が出てから“後出しジャンケン”のように「最初から無理だと思っていた」「私の予想の方が正しかった」と評論をする人がいます。(2013.6.28)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:幹部社員/管理職/経営者
骨太な初期教育の重要性
入社後の教育として、オリエンテーションや職場見学を企画したり、外部研修へ参加させたりというケースが多いようですが、「初期教育の目的は何か」という視点から、今一度教育プランを考えてみましょう。(2014.6.13)…
解説の詳細を見る
採用  対象:幹部社員/管理職/経営者
辞退を防止する内定者フォローのポイント
2014年6月1日時点での学生一人あたりの平均内定獲得数は1.91社で、2人に1人が2社以上、4人に1人が3社以上の内定を獲得しています。計算上は、ほぼすべての学生が1社には辞退を申し入れるという気が抜けない状況です。このような状況において、内定者フォローの重要性は一層高まっています。(2014.8.7)…
解説の詳細を見る
採用  対象:幹部社員/管理職
中小企業に合ったインターンシップの企画
採用活動の一環としてインターンシップを重要視し、実施する企業が多くなりました。学生の就業意識の向上や就職活動本番でのミスマッチを防ぐ目的で、中小企業でもインターンシップが実施されています。しかし、大企業に比べリソースが少ない中小企業は、知恵を絞って工夫する必要があります。このケーススタディを使って、ぜひ自社の特長と強みを存分に引き出すことのできるインターンシップを検討してみてください(2014.9.16)…
解説の詳細を見る
営業スキル  対象:幹部社員/管理職
値引き要求への対応が会社の将来に与える影響
値引き交渉というテーマから、値引き交渉が会社の将来に与える影響や営業活動の本質とは何かについて、このケーススタディを使って考えてみてください。(2014.10.03)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:幹部社員/管理職
「仕方ない」と自分を赦している部下の行動を改めさせる
問題が発生した場合、その原因を部下の能力・資質・人格に求める上司が多く見られます。そんな上司は問題が繰り返される度に部下を叱り、檄を飛ばすなど行動を改めさせようとしますが、それでは問題が解決しないケースがあります。論理的かつ建設的に問題を解決するための方法をご紹介します。(2012.1120)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:幹部社員/管理職
能力開発のステップ
下の指導が上手くいかず、「やればできることをやらない」と嘆く管理者は多いようでが、本当に「やればできること」なのでしょうか。部下の状態を適切に把握し、能力開発を進めるために、【能力開発のステップ】と育成のポイントをご紹介します。(2012.116)…
解説の詳細を見る
考え方  対象:管理職
解決すべき会社の問題に対する姿勢
ハードワークで残業代が支払われないことに、新入社員が疑問を持ち、相談したきた場合、どのように対応しますか?(2012.10.23)…
解説の詳細を見る
考え方  対象:管理職/経営者
自社に非がありそうな不測の事態の対応
不測の事態に陥ると、犯人探しをするなど感情的な対応をする方がいます。しかし、そんな時こそ問題の発生原因を突き止め、的確に対策を講じるという論理的な対処が必要になります。(2012.10.9)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:管理職
部下・後輩のしつけ
最近では、若い社員への厳しい指導をためらう上司・先輩も多いようです。「いざ」という時に戸惑わないためにも、日頃から、どのように接するのか、考えておきましょう。(2012.5.29)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:管理職
叱る基準
みなさんが部下や後輩を叱る基準は何でしょうか? この問いは、普段から意識して考えていないと少々回答が難しいかもしれません。また、叱る際にも効果的な叱り方とそうでない叱り方があります。管理職の方はこのケーススタディを通じて、自分の叱り方を振り返ってみてください。(2012.5.15)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:先輩社員/管理職
上司や先輩社員の基本行動
人は環境から大きな影響を受けます。特に、右も左もわからない新入社員は尚更でしょう。新入社員がどのように育っていくのかは、本人たちの能力や意識と同じくらい環境が重要だと言えます。(2012.4.10)…
解説の詳細を見る
社会問題  対象:幹部社員/管理職/経営者
【民主主義】と【説明責任】
がれき処理問題を事例に相手を説得するために配慮すべき2つのポイントを学び、【民主主義】と【説明責任】について考えるケーススタディです。(2012.3.14)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:先輩社員/管理職
部下に対する色メガネ(決めつけ)
上司・先輩社員の立場で考えなければならないことは、部下のモチベーションを上げ、仕事に前向きに取り組んでもらうようにすることです。この大目的を失念して、部下の行動に対して、感情的に対応してしまう上司・先輩社員が意外と多いようです。(2012.2.29)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:管理職
同じ失敗を繰り返す部下への指導方法
凡ミス連発君の行動を変えるために、上司は「何度も注意する」「罰則を与える」「反省文を書かせる」等、指導の仕方を工夫しますが、部下の行動はなかなかか変わりません。これは【同じ失敗を繰り返す部下への指導方法】を考えるケーススタディです。(2011.11.17)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:管理職
部下へのアドバイスの仕方
何度指導しても同じ失敗を繰り返す部下がいます。その場合、部下のやる気や能力を疑う前に、アドバイスの仕方を工夫してみてください。(2011.9.27)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:管理職/経営者
イマイチ君の心に火をつける方法
いくら知識やテクニックを教えても、部下本人が心から「いい仕事をしたい」「成長したい」と思い、取り組まなければ、身にはつきません。智辯和歌山高校の監督として、3回の全国制覇を成し遂げた高嶋監督のエピソードから、【イマイチ君の心に火をつける方法】について考えるケーススタディです。(2011.8.9)…
解説の詳細を見る
採用  対象:管理職/経営者
目標達成意欲の高い人材
ポイントは、それまでの人生において、目標達成にこだわる行動をとってきたのかを確認することです。(2011.3.30)…
解説の詳細を見る
考え方  対象:中堅社員/管理職
雑用とどのように向き合うか
雑用は成果に直結する仕事ではないため、成果に直結する仕事に比べ、重要度は低くなります。しかし、必要な仕事であり、誰かがやらなければなりません。このケースを通じて、【雑用とどのように向き合うか】について考えてみましょう。(2011.2.28)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:管理職
集中できる環境づくり
集中できないのには理由があります。その理由を知ることで、集中できる環境づくりの重要性に気づくことができます。(2011.2.15)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:管理職/経営者
人材育成における目標設定の重要性
良い目標を立てるための3つのポイントを押さえて、是非、期初や毎月の目標設定に活用してください。(2010.11.15)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:管理職/経営者
夢や希望を語ること
社員をワクワクさせるための夢・希望の語り方や語る頻度についてヒントを紹介しています。(2010.8.30)…
解説の詳細を見る
考え方  対象:管理職/経営者
大義を立てる
【大義を立てる】とはどういうことか、歴史上の人物が立てた大義をヒントに自社の大義について考えていただくものです。(2010.7.15)…
解説の詳細を見る
考え方  対象:中堅社員/管理職
自分を磨き続けることの重要性
本当の意味で【努力するとは】どういうことか、なぜ努力を継続しなければならないのかを考えていただきます。(2010.6.30)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:管理職/経営者
目標とされる上司になるための行動
皆さんの職場に憧れの上司はいますか? みなさんは憧れの上司ですか? このケーススタディは、【目標とされる上司】【憧れの上司】の必要性や組織に与える好影響について考えていただくものです。(2010.6.15)…
解説の詳細を見る
組織活性  対象:管理職/経営者
自由な発想を引き出す
「何でもいいから発表してください」ではいつまで経っても意見を引き出すことはできません。どうすればお通夜のような会議を変えることができるのか、そのヒントがあります。(2010.5.31)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:管理職
部下に対して関心を払う大切さ
部下のことを何も知らないで信頼関係を築けると思っていませんか?良いチームワークで良い仕事をするためにも、信頼関係の第一歩について考えてみてください。(2010.4.15)…
解説の詳細を見る
教育・マネジメント  対象:管理職
組織へのロイヤリティ
"真に"組織へのロイヤリティの高い人とはどのような人であるかを学んでいただきます。(2010.4.15)…
解説の詳細を見る