コンサルタント紹介

HOME

平堀のコラム(Hot Willerへのエール)_過去のコラム

HOME
>
平堀のコラム(Hot Willerへのエール)_過去のコラム
>
No.97 自社の“何でも聞ける度”は、どのくらいですか?

< タイトルに込めた想い >

平堀

HOT WILLerとは「独自の志を持ち、その実現に向けた活動を実直に続けている人」を表す当社の造語です。そういう方々に向けた応援メッセージを贈りたいという想いで毎月書いています。

No.97 自社の“何でも聞ける度”は、どのくらいですか?


 

以前、こんな出来事がありました。

私の支援先の新人が、車で迎えに来てくれた時のことです。

「平堀さん、おはようございます。本日も、よろしくお願いします」

と、元気な挨拶をしてくれて、気持ちよく車に乗り込むと、

彼が運転席で妙な仕草をしていました。

何をしているのかしばらく様子をみていると、

車のサイドブレーキの場所を探していることがわかりました。

私が、

「○○さん、このタイプの車は、左の足もとにあるんですよ」

と教えると、彼は、恥ずかしそうに、

「すいません。自分の車と勝手が違いわかりませんでした。では、出発します」

と詫びました。

 

このやり取りで、私は、大きな疑問が浮かび、彼に尋ねました。

「ところで、会社から出発するときにも、サイドブレーキを解除しなければならないはずなんだけど、

そのときは、どうしたの?」

彼は、頭をかきながら、

「わからなかったので、サイドブレーキをかけたまま、ここまで走ってきました」

と、答えました。

 

これは、大問題です。

何が?

サイドブレーキをかけたまま車を走らせたこと。

それは、もちろんですが、それ以上の問題があります。

 

私は、彼に、次の確認をしました。

「サイドブレーキの場所を教えてくださいと、会社の人に、聞かなかったの?」

「はい。みんな忙しそうだったので」。

 

みなさん、いかがでしょうか。

 

誰かに尋ねさえすればわかるのに、それをしない人って、周りにいませんか。

あるいは、ご自身がそうなっていませんか。

 

先の事例に出した彼にも、言い分はあります。

・先輩が怖い。

・何か聞くと、そんなことくらい自分で調べろと言われる。

・些細なことで手間を取らせたくない。

・聞いたら恥ずかしい。

 

でも、わからないまま、あるいは不完全な理解のまま事を始めてしまい(サイドブレーキを解除しないまま

車を走らせてしまい)、何かが起きたらどうなるのでしょうか。

 

今は、ネット検索をすれば、大概の情報は得られます。

やり方もわかります。

こんなに便利なツールを使わない手はありません。

いや、この日進月歩するIT技術は、積極的に使いこなすべきものです。

また、IT、すなわちパソコンと接しても、

・叱られたり

・こんなこと自分で調べろと言われたり、

・面倒くさい表情をされたり

・こんなことも知らいないんだと茶化されたり

することは、ありません。

 

ですので、人に聞くより検索した方が気楽ですし、より正確な情報も得られます。

結果、人と接する機会が大幅に減少してしまいました。

人と接する機会が減れば、人との関係性も希薄化していきます。

すると、人との接点で発生するストレスに対しての耐性が養われません。

 

IT技術の高度化が進むと、人と直接接する機会が減少する。

このような時代だからこそ、人に尋ね、それに応える会話力や感受性を、意図して鍛えるべきなのでは

ないでしょうか。

それは、チーム力は、人との関係性を深めながら培われるからです。

 

ダニエル・キム教授が提唱した成功の循環モデルでも「関係性の伴ったチームが良い発想をし、この発想

から良い行動が生まれ、期待する成果が創出される」と説かれています。

 

従って、「この車のサイドブレーキはどこにありますか?」

と尋ねられる関係性の構築が理想のようです。

 

さて、あなたの会社の“何でも聞ける度”は、どの位でしょうか。

もし、課題があるようでしたら、我々にご一報ください。

決して「こちらをご覧ください」とマニュアルっぽい対応は致しませんので。(笑)