株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

Information

インフォメーション

H[a∫]なアルバムAlbum of H[a∫]

弊社での海外研修や日々の活動の一幕をご紹介します。

view

渡航先は、アメリカ(ボストン・シアトル)とカナダ(ナイアガラ)でした。

view

夕方ボストンに到着。チェックイン後、真っ先に向かったのはアメリカ最古のスタジアムの一つ、フェンウェイパーク。本当ならここで大谷翔平を応援するはずだった…。

view

早起きして空路バッファローへ向かう。そこからバスでカナダ側のナイヤガラの滝へ。スケールの大きさに圧倒されました。観光中も気になるのはW杯での日本vsポーランドの結果!

view

海外研修恒例の現地ラン。距離は10Kmですが、ゴールはボストンマラソンのFinsh Lineに設定しました。

view

アメリカは今、日本のらーめんブーム。実態を確かめるべく、ボストンの山頭火へ。お昼時ということもあり、常時7~8人がウェイティング。日本の味とは微妙に異なるものの、限られた条件の中で味の再現に挑む気概を感じました。

view

ボストン美術館に展示されていたモネの『ラ・ジャポネーズ』

view

ボストンマラソンFinsh Lineの前にあるマラソンスポーツというショップでお買い物♪

view

購入したのは、7月1日に49歳の誕生日を迎えた小川へのプレゼント!

view

ボストンの人気店、Island Creek Oyster Barを視察。平日の夕方18時頃に行きましたがほぼ満席でした。オススメの牡蠣にシーフード系のパスタを白ワインと一緒に堪能しました。サービスの距離感もほど良く、人気がある理由が分かる気がします。

view

アメリカで人気のスーパー、トレーダージョーズ。見ているだけで楽しくなるディスプレーとディズニーばりに陽気なスタッフに人気の秘密を垣間見ました。海外研修の時には必ず現地のスーパーマーケットに足を運び、現地の人々の暮らしぶりやトレンドをチェックします。

view

日本でもDVDが発売され、組織開発に携わる者なら知らない者はいないくらい有名なパイクプレイスフィッシュマーケット。陽気な掛け声、空飛ぶ魚を実体験しました。

view

シアトルへのトランジットで利用したNewark空港はどのレストランもタブレットで注文と決済をおこなう仕組みになっていました。おびただしい数のタブレットが並んだテーブルは未来感半端ねぇって感じです。

view

今では世界を席巻しているスターバックスコーヒーも、スタートはシアトルのパイクプレイスマーケットから。シアトルには至る所にスタバがありますが、1号店の人気は別格。常に長蛇の列で完全に観光スポットになっています。

view

最終日は日本でもコーヒーのブランドとして有名なマウントレーニアをトレッキング。麓では写真のような笑顔ですが、トレッキングコースは結構な急勾配に加え、残雪も多く、体育会的1日となりました。

view

最終日の夕食は、イチローも贔屓にしているという寿司職人、加柴司郎さんが新たにオープンした「かしば」へ。シアトルに渡って50年、寿司を世界に広めるというプライドを持って闘ってきた侍の志を感じました。

view

帆立、雲丹、いくらは「from Hokkaido!!」 私たちがロシアのキャビアやフランスのトリュフをありがたがるように、寿司ネタは日本産が好まれているという事実。当たり前と言えば、当たり前ですが海外に来ないと実感できません。

view

日本人の誇りを胸にメジャーで闘い続けたイチローに敬意を表しながらセーフコフィールドで野球観戦。

view

最後の最後に起きた奇跡!!! 大谷選手の復帰初戦がシアトルで。完全アウェイの中で大谷を応援。残念ながらこの日は打てませんでしたが、今後の活躍をアッシュ一同祈ってます。

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。