株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

コンサルタント井口義隆のブログ

ハッと気づかされる大切なこと

プライベートと仕事は密接に関わっています。仕事と関係ないプライベートの
時間の中でも、アンテナを立てれば仕事に役立つことはたくさんあります。
そんな「ハッと気づいたこと」を大切にしたいという想いで毎月発信していきます。

#77

同僚は皆ベストを尽くして仕事をしている

2024年5月31日

皆さん、こんにちは。

唐突ですが、2週間程前に私の体重がついに69.9kgになってしまいました。
3か月前は「ヤバイなぁ、もう少しで68kgだよ…」、
1か月前は「ヤバイ!もう69kgになってしまった!」と
「ヤバイ」という言葉を言うだけで何もしなかった私…。
そしてついに69.9kg・・・。
絶対に70kgにはなりたくない、そんな想いからチョコザップに通うことを決めました。

通い始めて今日で15日目。
ジムに行った時には40分筋トレをして、30分ランニングをしているのですが、
数日前に筋トレマシンが3つ撤去されてしまいました。
撤去されたのは
腹筋を鍛えるマシンと二の腕を鍛えるマシンと内腿を鍛えるマシンの3つです。
そして私は撤去された3つが目的で通っていたのです。
(少し補足すると、腹筋と二の腕は他に設置されているマシンでも鍛えられます。)

代わりにピラティスが設置されました。

撤去された翌日、何も知らずにジムに行くとピラティスが設置されていて、
お気に入りのマシンが撤去されていた時には落胆しました。
チョコザップ熱が一気に冷めかけた瞬間です。

いつもならここで
「なんだよ!これが目的なのに通う意味がなくなったじゃないか!」と
通う頻度が落ちるのですが、少し捉え方を変えてみました。

もちろんいつも通り捉え方を変えたわけですが、今回は少し違う視点を入れました。
それは『チョコザップの運営側も良いことをしようとしている』という視点です。

多くの場合、サービスを変える時には、
「今よりももっと良くしたい」と考えて実施しますよね。
つまりチョコザップの運営は
3つのマシンを撤去してピラティスを置くのが一番良いと判断したのでしょう。

それが私の意に反する(期待に反する)ことだったからと言って、
苛立ちや不満を抱えて頻度を減らすのはもったいないと考えました。

自分が知らないだけでピラティスもいいものかもしれない。
せっかく設置されたのだから、一度やってみてから判断すればいいじゃないか。
そもそも、撤去された3つの鍛えたい部位は
他のマシンでもやり方を変えることで代用ができるはず。
出来なければ別の方法を探せばいい。

と捉え方を変えました。

ピラティスを実際にやってみた感想としては、
始める前の準備が難しいし、効いているのかよくわからないし、予約も手間ということで
私は使わなくてもいいかなと判断しました。

ですが不満を持ってやらないのと、実際にやってみてやらないと判断するのとでは、
同じ「やらない」でも違うと感じました。

 

さて、今回のコラムで一番皆さんに覚えておいていただきたいのは、
『チョコザップの運営側も良いことをしようとしている』
という部分です。

チョコザップの運営は、利用者が健康な体を保てるように色々考えて実行しています。
私自身も、健康のために良いことを考えて行動しています。
運営も私も、自身の健康という同じ目標に向かって努力しているのです。

目指す方向は同じ(カラダを健康に保つ)でも、
結果としてチョコザップはピラティスを設置し、
私は二の腕と内股を鍛えたかったのに撤去されたから不満を持ったわけです。

人それぞれ価値観や行動パターン、考え方、期待値が違うのだから、
同じ目的に向かっていても、今回のようなちょっとしたすれ違いというのは頻発します。

こうしたことはプライベートだけでなく仕事でも多々起きます。
目的は一緒なのに、それぞれの考え方の違いで衝突したり、不満を持ったりします。
そんな時には「目指す方向は同じで、そこに向かって相手も考え行動をしている」と
考えてみてはどうでしょうか。

そうすることで同僚に対して不安や不満、怒りなどの
ネガティブ感情を持ってしまったとしても、
自分の思い込みを変えやすくなるはずです。

ぜひ試してみてください。

 

++++++++++++++++++++++++++++++++

●社員のストレスに向き合う力を養うならコレ!!
>>> レジリエンス研修専門サイト(おそらく日本初!!)

●業務をDX化するヒントがここにある!!
>>> マネジメントDXサイト

●動画・静止画をフル活用した伝わるマニュアルの情報が満載!!
>>> TeachmeBizサイト

●動画マニュアル作成の苦労から解放されたい!!
>>> 動画マニュアル作成代行らくらくパック(おそらく業界最安値!!!)

●抜群に美味しい置き型100円社食サービス
>>> ESキッチン

●持続可能な社員食堂を目指す、置き型100円社食サービス
>>> ESキッチン 製造業専門サイト

コンサルタント

井口 義隆

Iguchi Yoshitaka

井口 義隆

1985年生まれ。神奈川県出身。

経歴

大学卒業後、テレビ番組の制作会社にてバラエティ番組等のディレクターを経験。
映像業界の次のステージとして、映像機材を販売する営業職に就く。昼夜も関係なく、激務が当たり前の映像業界に関わる中で、人を大切にする企業、働いていて楽しいと思える企業を増やしたいという思いからアッシュ・マネジメント・コンサルティングに入社を決意する。

セールス・ポリシー

『千里の道も一歩から。少しずつでも歩みを止めない。』

支援実績(得意分野)

  • ◆業界経験者ならではの技術を駆使した動画マニュアルの作成代行
  • ◆自身の経験から生み出した「撮影・編集ノウハウ」を詰め込んだマニュアル作成勉強会
  • ◆動画マニュアルを組織に浸透させるための事務局支援

当社での役割

  • ◆平堀、小川から出る異なる指示に愚直に取り組み、二人に指導内容の矛盾に気付かせること
  • ◆毎日夕飯の支度をするなど、女性の社会進出を本気で応援する夫の鑑が何たるかの模範を示すこと
  • ◆営業で使う動画マニュアルのサンプルを作りつつ、社内の清掃マニュアル・備品管理マニュアルを整備すること
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。