株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

コンサルタント小林大貴のブログ

日々感謝、日々成長!

どんなことにも感謝を感じられる人でありたい。
日々のたくさんの出来事から少しでも成長して自分自身の体験の中で得たものを
皆様にお返ししたいという想いで毎月書いています。

#27

やれば、できる!

2020年3月31日

以前、筑波山に登山をしていた時に娘と妻から学んだことです。

※筑波山(標高877メートル)
登頂時間は登り110分、下り95分のコース。

結果、4時間30分かけて3歳になりたての娘は山頂までほぼ歩きました。
ほぼというのは、娘の背丈と同じくらいの岩があり、
自分ではどうにもならないところはヒョイと持ち上げたからです。

だとしてもわが子ながらすごい!

なぜ3歳の娘が自力で登山を続けられたのか途中まで私も不思議でした。
正直、大半は私が抱っこして登る覚悟をしていたからです。

私は、途中までは息子と先に上り、少し待って合流し、
また先に進み、合流を繰り返していました。

少し岩場の続く道だったので、娘と一緒に進むことに。
そこで聞こえてきたのは、

妻「できる、できる」
娘「これはいけるパターン!!」
妻「いいねー!かっこいい」

娘が疲れた素振りを見せると、
妻は「あそこまで行ったらおやつ食べよう」
と言ってモチベーションを上げる。

そして少し休憩して歩き出す。

自信がついてきたのか、
少し進んだころには妻がちょっと手伝おうとすると、
娘は「自分で!」と真っ赤な顔をしながら歩き続けました。

その一生懸命な姿を見守りながら、
気づけばみんなで娘をサポートしていました。

先に進みたいのに文句を言わずに妹を待ち
待っている間に、妹の為に杖になる木を探して
モチベーションを上げていた息子。

できるよ!登れる!と応援し続けて本人をやる気にさせて、
抱っこするより、自分で登れる方がかっこいいよと励まし続け、
本人の可能性が信じ続けた妻。

そんな中、この岩は胸の高さまであって危ないからと抱っこをしすぎて、
近づくだけで「だっこー」「もう無理ー」となってしまったため、
一定の距離を保ちながら見守るだけの私。

自分の力で登頂したことを誇らしげに話す娘。

今回の登山で学んだこと
・本人の可能性を信じて、要望し、見守り、応援、サポートすることの大切さ。
・3歳でもできると思えば自信が持てる。自信が持てると今まで以上にできることが増える。

奥さんの名マネージャーぶりにあっぱれでした。

後日談ですが、このことを妻に伝えたところ
「私は、そんなスポ根じゃない!娘ちゃんはやればできるんだから。」
と娘の可能性しか信じていませんでした。

相手の可能性を信じることの大切さを家族に教えられた出来事でした。

 

※「やれば、できる人材」を育てる
動画マニュアル『Teachmebiz』の専用サイトはこちら。
>>>https://teachme.h-mbo.com/

コンサルタント

小林 大貴

Kobayashi Daiki

小林 大貴

1983年生まれ。群馬県出身。

経歴

大学卒業後、求人広告の代理店に入社。中小企業を中心に700社以上の顧客を担当。採用を通して会社の事業課題を解決しながら、新規営業とリテール営業を経験。また、自社の新卒・中途採用、メンバーの育成・管理を経験。10年勤務後、代理店時代の顧客だった自動ドアメーカーに転職し、事業の立ち上げと責任者業務を経験。働く人とその家族が仕事を通して安心できることの大切さを体感し、アッシュ・マネジメント・コンサルティングへ入社。

セールス・ポリシー

『「コツコツが勝つコツ」継続こそ力なり!』

当社での役割

  • ◆天性の明るさと切り替えの速さで次々リストをおかわりしていく驚速のテレマ
  • ◆2児の父親として、アッシュらしい工夫でハイレベルなワーク・ライフ・バランスを体現すること
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。