株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

コンサルタント小林大貴のブログ

日々感謝、日々成長!

どんなことにも感謝を感じられる人でありたい。
日々のたくさんの出来事から少しでも成長して自分自身の体験の中で得たものを
皆様にお返ししたいという想いで毎月書いています。

#43

小学4年生の息子が作ったゲームをやって感じたこと

2021年7月29日

オリンピックが始まり、自然と日本代表の選手を応援しています。
勝つことを信じて、試合をしている選手の頑張りはいつ見ても感動します。

今のところ一番印象に残っている競技はソフトボールの13年越しの連覇。

ちなみに、決勝当日の解説は元監督の宇津木さん。
最終回の解説は、自分の子供たちを応援しているような
優しさがあふれる解説が印象的でした。

また、上野投手が大会前のインタビューで
「私のオリンピックは北京で終わっている。」
「後輩に自分のできることをすべて教えて、教え終わったら
引退すると思います。」
と話されていました。

決勝の先発、胴上げ投手が、自分のためではなく、チームのため、
後輩のためにソフトボールを続けているという話は
衝撃を受けたのと同時に、かっこよさを感じました。

次のオリンピックの監督は選手兼監督で上野さんだったらいいなと
勝手に期待しています。

 

話は変わりますが、我が家では10歳の息子の夏休みが始まりました。
始まったと同時に「ナビつき!つくってわかる!はじめてのプログラミング」
というゲームを購入し、息子は毎日やっています。

ゲームを購入して1週間位たったころに息子から
「このゲームやってみて!」とお願いをされました。
お願いされたゲームは、シューティングゲーム。
左から右へ進みながら敵を倒していく単純なゲームです。

ゲームをやりながら、息子が敵について
「これは宇宙人!」とか「これはUFO!」と
自慢そうに説明をしてくるので
「ずいぶん詳しいねー」と言ったら、
「これ俺が作ったからね」と言われました。

ゲームをやりながら息子が作ったんだろうと予想はしていましたが、
改めて考えると、自分のやっていたゲームを小学生の息子が作ったという
不思議な感覚とともに、少し衝撃を受けました。

小学生が簡単にゲームを作り、
小学校では、一人一台PCやタブレットが配布され、授業で使っている。

これから中学、高校、大学と進んでいけばスキルもつき、
できることはどんどん増えていくと思います。

大学まで行けば12年後の2033年4月に新卒になる息子。
こういう教育を当たり前に受けてきた世代の子たちが、
12年後には社会に出てくるのです。
新卒の方々は自分の能力を活かせる、
伸ばせる企業に入りたいと考えると思います。

現在、日本企業でDXに成功しているのは約7%と言われています。
実際、ITツールを導入してもうまく使えきれず、
DX化に失敗している企業が多くあるという話も聞きます。

業界にもよりますが、今のままでは、
そういった人材を活かせる企業は少ないと思います。
だからこそ、そういった人材を活かせれば、競争優位性になります。

そこで次回のコラムでは、DXについて書きたいと思います。

・DXを推進したいけど何から手を付けていいのかわからない。
・そもそもDXってなに?

など

まずは、基本的なことから一緒に学べていければ幸いです。

 

※本当の意味でのDXを実現したい方に
『Teachmebiz』を使ったマニュアル作成サービスの専用サイトはこちら。
>>>https://teachme.h-mbo.com/service/

コンサルタント

小林 大貴

Kobayashi Daiki

小林 大貴

1983年生まれ。群馬県出身。

経歴

大学卒業後、求人広告の代理店に入社。中小企業を中心に700社以上の顧客を担当。採用を通して会社の事業課題を解決しながら、新規営業とリテール営業を経験。また、自社の新卒・中途採用、メンバーの育成・管理を経験。10年勤務後、代理店時代の顧客だった自動ドアメーカーに転職し、事業の立ち上げと責任者業務を経験。働く人とその家族が仕事を通して安心できることの大切さを体感し、アッシュ・マネジメント・コンサルティングへ入社。

セールス・ポリシー

『「コツコツが勝つコツ」継続こそ力なり!』

当社での役割

  • ◆天性の明るさと切り替えの速さで次々リストをおかわりしていく驚速のテレマ
  • ◆2児の父親として、アッシュらしい工夫でハイレベルなワーク・ライフ・バランスを体現すること
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。