株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

コンサルタント小林大貴のブログ

日々感謝、日々成長!

どんなことにも感謝を感じられる人でありたい。
日々のたくさんの出来事から少しでも成長して自分自身の体験の中で得たものを
皆様にお返ししたいという想いで毎月書いています。

#63

微差が大差になると言いますが

2023年3月31日

WBCで日本が世界一に返り咲きました!

準決勝・決勝は見ごたえのある試合で野球を見ていて
久しぶりに興奮しました!

決勝の当日、38キロ走りながら観戦(主に音声)していました。

なぜかというと前日、
柴又100キロマラソンの40キロ地点の関門の時間(※)が
前回より少し早くなっていることに焦り、不安になったからです。
(※時間までにその地点を通過しないと、運営の車で移動させられます)

結果、4時間半くらいで完走できたので、
40キロの関門がクリアできることがわかり一安心です。

柴又100キロマラソン完走に向けて練習をしている中で
改めてマラソン選手のすごさを実感しています。

 

以下、3月中に私が走った記録です。

3月1日 10キロ 60分36秒 6分6秒/キロ
3月4日 10キロ 65分3秒 6分30秒/キロ
3月6日 10キロ 55分26秒 5分34秒/キロ
3月10日 10キロ 55分3秒 5分30秒/キロ
3月12日 20キロ 125分39秒 6分15秒/キロ
3月15日 10キロ 54分45秒 5分27秒/キロ
3月19日 12キロ 73分13秒 6分6秒/キロ
3月21日 38キロ 255分15秒 6分42秒/キロ
3月24日 2キロ 11分00秒 5分30秒/キロ
3月28日 6キロ 31分55秒 5分18秒/キロ
3月30日 8キロ 44分57秒 5分37秒/キロ

 

継続したことで、
少しずつ走れるようになってきているのは体感しているのですが、
マラソン選手のすごいと感じたところは
走るのは早いこともさることながら、
時間を短くすることの大変さを感じたからです。

私が特にそのことを強く感じたのが
3月15日 10キロ 54分45秒 5分27秒/キロ
で走った時です。

3月10日に1キロ5分30秒をクリアできたので、次は
5分30秒を切りたいと思っていました。

3月15日では1キロ5分27秒で走れてるからクリアできている。
と思われるかもしれません。

私も1キロ3秒ならちょっとがんばればいけるでしょう!と思っていました。
実際に走ってみると、この“たった3秒”が、すごく体に負荷がかかり、とても疲れます。

たった3秒短くするだけでこんな思いするのかー。と少し落ち込みました。
マラソン選手は毎日こんな戦いをしているのかと想像しただけも尊敬できます。

こんなことを考えてだしていた時に、“微差”についての動画を平堀から紹介されました。

その動画では微差を追及することが大切・微差が大差だという内容でした。

(動画が気になる方はこちらをご覧ください。)
https://www.youtube.com/watch?v=S1p_22MYVy8

 

これらのことを私の普段おこなっている仕事に置き換えて考えました。

営業なら
毎日15件架電するAさんと18件架電するBさん
の違いを考えると

・1週間

・15件×5日=75件
・18件×5日=90件

・4週間

・15件×5日×4週間=300件
・18件×5日×4週間=360件

・12ヶ月

・15件×5日×4週間×12ヶ月=3,600件
・18件×5日×4週間×12ヶ月=4,320件

・10年

・15件×5日×4週間×12ヶ月×=36,000件
・18件×5日×4週間×12ヶ月×=43,200件

 

1週間での差は15件ですが、1年では720件、10年では7,200件です。

架電から商談をもらえる率(アポ率)が2%だった場合、
10年間で商談件数144件の違いになり、
成約率が10%だった場合14社の成約の差が生まれます。

ちなみに1日3件の電話にかかる時間は3分程度。

たった一日3分でこれだけの差が生まれます。

営業なので結果の違いが分かりやすく出ますが、
どんな仕事でも同じことが言えると思います。

皆さんの職場でも、同じ時間、同じ仕事をしているはずなのに
成果や生産性に違いが出ていますよね。
もし自分ができていないなー。と感じるところがあれば
できている人の仕事の仕方を見ると
工夫している点や負荷をかけて頑張っていることが見えてくるかもしれません。

自分の仕事でどんなことで差が生まれているのかわからないとか
やっているけどうまくいかないなーとか、ご意見があれば、
いつでも小林までご連絡ください。何かヒントが出せるかもしれません。

 

私は引き続き、5月21日の柴又100キロマラソン完走に向けた練習を続けてきます。
長距離を走るコツやポイントなどあればぜひ、アドバイスお願い致します。

 

++++++++++++++++++++++++++++++++

●社員のストレスに向き合う力を養うならコレ!!
>>> レジリエンス研修専門サイト(おそらく日本初!!)

●業務をDX化するヒントがここにある!!
>>> マネジメントDXサイト

●動画・静止画をフル活用した伝わるマニュアルの情報が満載!!
>>> TeachmeBizサイト

●動画マニュアル作成の苦労から解放されたい!!
>>> 動画マニュアル作成代行らくらくパック(おそらく業界最安値!!!)

●抜群に美味しい置き型100円社食サービス
>>> ESキッチン

●持続可能な社員食堂を目指す、置き型100円社食サービス
>>> ESキッチン 製造業専門サイト

 

 

コンサルタント

小林 大貴

Kobayashi Daiki

小林 大貴

1983年生まれ。群馬県出身。

経歴

大学卒業後、求人広告の代理店に入社。中小企業を中心に700社以上の顧客を担当。採用を通して会社の事業課題を解決しながら、新規営業とリテール営業を経験。また、自社の新卒・中途採用、メンバーの育成・管理を経験。10年勤務後、代理店時代の顧客だった自動ドアメーカーに転職し、事業の立ち上げと責任者業務を経験。働く人とその家族が仕事を通して安心できることの大切さを体感し、アッシュ・マネジメント・コンサルティングへ入社。

セールス・ポリシー

『「コツコツが勝つコツ」継続こそ力なり!』

支援実績(得意分野)

  • ◆動画マニュアルを使って、確実に成果創出するための密着伴走型事務局支援
  • ◆動画マニュアルのアプリをリプレイスすることによる大幅なコストの削減
  • ◆動画マニュアルを用いた新人・社員教育の仕組づくり

当社での役割

  • ◆アッシュに無かった新しい道を切り開く新規開拓
  • ◆オフィスにある観葉植物のお世話係
  • ◆宴会の席で皆のグラスが空にならないように目配りをし続けること
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。