株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

代表パートナー小川晴寿のブログ

Something H

当社の社名でもあり、コンサルティングのコンセプトであるH(アッシュ)。
Humanity,Honest,Hospitality,Humor, Health,Hard,Historyの
7つのH以外にもHのつく言葉にこだわって、
いい会社づくりに役立つ情報を提供していきたいと思います。

#51

【High five】

2012年4月11日

私が高校2年生だった1986年、一本の衝撃的な映画が公開されました。

 

Top gun

同年の全米興行成績1位、日本でも1987年度の洋画配給収入1位の大ヒット。

主演のトム・クルーズはこのヒットをきっかけに一躍トップスターに駆け上がりました。

 

この映画、洋画&洋楽にまったく興味を示さなかった私が観たくらいなので、

日本中の若者が映画館に足を運び、日本の若者文化に多大な影響を与えます。

MA-1、レイバンのサングラス、GIカット、ケニー・ロギンスの主題歌『Danger Zone』 etc

みなさんは、何かはまったモノはありますか?

 

私が一番影響を受けたのは・・・・・・・・・・・ 【High five】でした!

 

 

【High five】とは【High touch】のことです。

 

【High touch】は完全な和製英語で、

英語では【High five】とか、【Give me five】と言います。

【Give me five】はAKB48の歌のタイトルにもなりましたね。

 

トム・クルーズ演じるマーベリックが、

ビーチバレーで得点を入れた後にチームメートと

頭上で一発、続けざまに腰下でもう一発、

パンパンとお互いの手と手を合わせるシーンが

あまりにもかっこよくて一瞬で虜になりました(^^)

 

そして、当時、部活でやっていたバスケットボールの中で、

どのシーンなら【High five】を取り入れられるのかをずっと考えていました。

 

フリースローを決めて仲間とパンパン、

速攻でランニングシュートを決めてベンチでパンパン、

スリーポイントシュートを決めて観客とパンパン。

 

今、思い出すと少し恥ずかしいですが、

そんなシーンを想像しては、一人でニタニタしてました。

 

 

そんな当時の名残りでしょうか、

我が家では、何かあると子どもたちと【High five】をする習慣があります。

 

テストで良い点を取った、徒競走で一位になった、

野球やサッカーで活躍をしたといったことから、

宿題が終わった、なぞなぞで正解をした、

大掃除をしていて強力な汚れが落ちた、晩飯の餃子を包み終わった等々。

 

少し話は変わって、先日Facebookにも書きましたが、

4月8日に、前職時代の仲間たちと

パラカップというハーフマラソンの大会に出場しました。

このパラカップの名物が沿道の声援と【High five】です。

フルマラソンに比べれば、それほどでもありませんが、ハーフマラソンもかなり疲れます。

そんな時、【High five】【Give me five!】って思うんです。

「あなたの五本の指からエネルギーを注入して~!」って感じでしょうか。

 

 

私が考える【High five】の良さはこんな感じ。

・ 自然と笑顔になる

→仏頂面の【High five】をイメージできますか?

・ 自然と上を向く

→下を向いていても良いことはありません、上を向いて歩きましょう

・ 知らない人とでも気楽にできる

→ハグだとこんなに簡単にはできないですよね?

・ カッコいい(日本人でも絵になる)

→スポーツの名場面は【High five】で溢れています!

・ ぬくもりを感じられる

→人間は仲間のぬくもりを感じたい生き物です

 

そして、何より【High five】をやった二人が『元気になる!!!』

 

よく考えてみると、本当に良いこと尽くめだな~。

家庭でも、職場でも、気楽に【High five】ができると

もっと×2、いい空気が作れるかもしれませんね。

 

差し当たって、我が家のミッションステートメントには

「嬉しい時には、家族みんなでハイ・タッチ」を加えようと思います(^^)

 

※このコラムは、気分を盛り上げるためにケニー・ロギンスのDANGER ZONEを聴きながら書きました。

ご容赦ください。

 

東日本大震災の被害状況(4月4日現在/警視庁調べ)

死者:15,856人/行方不明者:3,084人/避難者:344,345人

代表パートナー

小川 晴寿

Ogawa Haruhisa

小川 晴寿

1969年生まれ。千葉県出身。

経歴

経営コンサルティング会社に8年半勤務した後、ベンチャー企業の取締役として経営に参画。同社が3年で東証マザーズへ上場を果たす一翼を担う。その後、“やりがいを感じられる職場を1つでも多く増やしたい”という想いから、平堀と共にアッシュ・マネジメント・コンサルティングを設立。

コンサルティング・ポリシー

『1ミリの変化を心から喜ぶ』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆経営者の想いをワクワクする言葉で表現する理念策定支援
  • ◆採用ビギナー企業に対する適正コストでの新卒採用支援
  • ◆自ら考える人材を育成するケーススタディ研修の開発
  • ◆評価制度の運用・定着を通じたマネジメントの仕組みづくり

当社での役割

  • ◆辻を一流のコンサルタントにするために、ビシビシ教育すること
  • ◆イベントや制度のユニークなネーミング
  • ◆平堀が出したアイデアを実現可能なレベルにブレークダウンすること
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。