株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

代表取締役パートナー平堀剛のブログ

Hot Willerへのエール

Hot Willerとは「独自の志を持ち、その実現に向けた活動を
実直に続けている人」を表す当社の造語です。そういう方々に向けた
応援メッセージを贈りたいという想いで毎月書いています。

#144

嫁姑問題解決の救世主

2020年3月30日

突然ですが、結婚されている方々への質問です。

あなたは、ご両親と同居していますか?

Yesと答える方は、どのくらいになるのでしょうか。
この問いに対する確からしいデータが見当たりませんが、
首都圏での同居率は10%未満なのではないでしょうか。
兎に角、同居が少数派であるのは間違いない事実でしょう。

このような環境下で、
我々夫婦は、結婚して5年が経過した時から同居がスタートしたので、
同居年数は、今年で27年間になります。

同居生活では、ご多分に漏れず、嫁姑問題が。
特に父が他界して母が一人になってから、問題が顕在化してきました。

この類の問題は、当事者間での話し合いというレベルの対策では、なかなか解決できない。
だから、同居する家族が減ったのだと私は推察しています。

ここ数年、妻も母も私にため息を吐く機会が増え、
双方に溜まっている鬱憤の大きさが露わになってきていました。

どうしたものか私なりに考え母に、
「一人暮らしの方が、嫁からのストレスから解放されるだけではなく、
家事をこなすことが運動になり、健康にもいい」というように、
取ってつけたような理由で別居を提案したこともあるのですが、
母からは,「私を追い出す気」と、取りつく島もない反応が返ってきました。

このように打開策が見いだせないまま、時が経過する日々。
そんな最中に、信じられないような提案が上がってきました。

その発案者は、我が娘。

彼女は、昨年6月に国際結婚し、今年の8月に第一子が生まれます。

つわりが重いため、昨年末から当家に帰ってくる機会が増え、
産休に入る6月までには当家の近隣に引っ越し、出産準備に入るとの計画を立てていました。

この流れの中で、娘が提案してきたのは、

「私たち、おばあちゃんと同居したいんだけど」
「・・・?」

しばらく、反応できない、私と妻。

娘の言っている意味が、まったくわからないという表情で、妻は、私の顔を見る。

そんな時間が数分経過してから、私から、娘に、
「なんで、そんなことを考えたの?今は、親との同居もしない時代なのに、
おばあちゃんと暮らすというライフスタイルなんて、昔でも、見たことも聞いたこともないよ」
と尋ねると、

「私たち夫婦は、今から5年後には、夫の国(インドネシア)に移住することを決めています。
なので、おばあちゃんと生活できるのも限られた時間しかない。
子どもが生まれたら、おばあちゃんに家事も手伝ってもらえて助かるし、
何よりも、おばあちゃん、お母さんには、もっともっと自分らしく時を過ごし、
人生を謳歌してもらいたい。
『嫁が』とか、『おばあちゃんが』とか、お互いが不満を持って生活する、
そんなわだかまりから解放された生活を、二人には送ってもらいたいの」
と、娘は答えました。

この提案から、2カ月が経過した3月28日(土)、
母が当家を離れ、娘夫婦との同居生活がスタートしました。

一夜明けた朝、娘婿から私宛にLINE動画が送られてきました。
そこには、母が娘と一緒に味噌汁を作っている様子が映っていました。

LINEを送ってきた娘婿。彼も、この提案の発案者。
娘婿の承諾がなければ、娘の提案は実現しないのですから。

娘が信じられない度を100としたら、娘婿の信じられない度は1000。
100、1000の基準は、私の信じられない度を1として算出しました。

コラムを書いているのは、3月29日午前8時。
窓の外を見ると、季節外れの雪が。

私にとって、忘れられない朝になりました。

 

追記

今朝のかみさんですが、娘の新居に食材や調味料などがないことを気にしていて、
雪をものともせずに差し入れに向かいました。

きっと、母のことも気づかってくれての行動なのだと思います。
そういう意味では、かみさんの信じられない度も10。

結局、母との同居がストレスの源になったり、
思いやりの発揮のしどころになったりしているのですね。

両親との同居はお勧めできませんが、
人間関係の根本に触れる(本物の人間関係の実践学習を積む)という意味では
ありなのかもしれません。

 

“おばあちゃんの知恵袋”にちょっと似ているかもしれない、
動画マニュアル『Teachmebiz』の専用サイトはこちら。
>>>https://teachme.h-mbo.com/

代表取締役パートナー

平堀 剛

Hirabori Tsuyoshi

平堀 剛

1961年生まれ。東京都出身。

経歴

大学卒業後、電機メーカーに就職。先端技術の開発に汗を流すエンジニアを目の当たりにし、自分も何かをしたいと一念発起。学生時代からの夢、事業家(経営のプロ)を志しコンサルティング会社に転職。数多くの業界の経営実務に携わり上場(マザーズ)も経験した後に、小川とともに当社を起業。

コンサルティング・ポリシー

『本当の楽しみは、苦しみを乗り越えた者のみが味わえる』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆目標達成に執着する管理者の養成
  • ◆顧客を愛顧客にする営業パーソンの育成
  • ◆中途・新卒社員の早期戦力化支援
  • ◆社員定着率の圧倒的な改善

当社での役割

  • ◆トイレ掃除(素手洗い)
  • ◆結婚式や出産のお知らせをいただいた際の心を込めた祝電や手紙の作成
  • ◆当社の経営や商品開発、催事等に関する企画立案(時に“思いつき”とも言われる)
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。