株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

代表取締役パートナー平堀剛のブログ

Hot Willerへのエール

Hot Willerとは「独自の志を持ち、その実現に向けた活動を
実直に続けている人」を表す当社の造語です。そういう方々に向けた
応援メッセージを贈りたいという想いで毎月書いています。

#190

自分を誤魔化さないと爽快になれる

2024年1月30日

私が加圧ジムに通い出したのは、今から4年半前になります。

趣味のマラソンのタイムを速めることを目的にはじめたのですが、
コロナの影響でマラソン大会が長期間中止になり、それに甘んじて月間の練習量も激減。
加圧トレーニングの効果をマラソン大会では示せていませんが、ジム通いは継続しています。

もともと私は筋トレが苦手で、
ジムに行く日は朝から憂鬱な気分になるのですがやめる気にはなりません。
また、年齢のせいにはしたくないのですが、
ジョギングで軽い怪我をすることも目立ってきました。
何を隠そう、今も脹脛を痛めていて走れない状態なのですが、ジムを休みません。

1回のトレーニングは、筋トレ1時間、有酸素運動30分で、
筋トレには、パーソナルトレーナーがついてくれます。
パーソナルトレーナーの口調は厳しくないのですが、腕や足が動かなくなると、
「ここからですよ」「動いている、動いている」と、ハッパをかけてきます。
また、「楽ではなくて、キツイ思いをするためにジムにきているんですよね」と、
檄も飛ばしてきます。

楽なトレーニングでは、筋肉に刺激が入らないのはわかっているので、
言っていることはごもっともなんですが、
「楽を選びたい」という声が、頭の中で渦巻きます。

当初目的にしていた、マラソンのタイムを速くする効果も出ていないのに、
怪我をしている時も休まずに、私は、なぜジムに通い続けているのでしょうか。

それは、トレーニングが終わった時、気分爽快になるから。
自宅で自主トレーニングもしますが、終わった時の爽快感が、まったく違います。
この違いは、何なのでしょうか。

私は、苦しい気持ちに立ち向かった差が、ここに現れている気がしています。
一人でトレーニングしている時は、自分がもう無理と感じる心理状況になると、
筋トレの回数を減らしはしませんが、楽になるような動きに誤魔化したりしてしまいます。

“回数はクリアしているが、動かし方を楽にする”
ここがポイント。

ジムでは、
「腕をもっと深くおろしてくださいね」
「ラウンジの確度、もう少し前傾させてください」と、
鍛えるターゲットとしている筋肉への負荷が逃げないように、
動きや姿勢を修正されてしまいます。
ですので、苦しさが増長することはあっても、軽くなることはありません。

要するに、自分の動きは自分では見られないので、自分を誤魔化せるのですが、
他人(トレーナー)の目は誤魔化せないということです。
誤魔化さずにトレーニングをやり切ったから、爽快さを得られているのでしょう。

会社のマネジャーの存在理由も、ジムのトレーナーと同じではないでしょうか。
人は、自分には甘い生き物。
「やるだけやったから、このような結果になるのは致し方ない」と、
自分だけの目線で自己評価するのは危険だということ。

他人(マネジャー)に、自身の仕事の仕方を見てもらえば、
実際の自分の姿を教えてもらえます。

他人(マネジャー)から見えている自分の実情を教えてもらうのは、
時には、苦しいこともありますが、この指摘を甘んじて受け入れてみる。
そして、あるべき姿に修正してみる。
そうすると、苦しい気持ちに立ち向かったことになり、爽快な気分になれるはずです。

自分の心のセンサーを信じて、心の底から爽快に感じて仕事もできるように、
マネジャーからの苦言を積極的に受け入れてみましょう。

 

++++++++++++++++++++++++++++++++

●社員のストレスに向き合う力を養うならコレ!!
>>> レジリエンス研修専門サイト(おそらく日本初!!)

●業務をDX化するヒントがここにある!!
>>> マネジメントDXサイト

●動画・静止画をフル活用した伝わるマニュアルの情報が満載!!
>>> TeachmeBizサイト

●動画マニュアル作成の苦労から解放されたい!!
>>> 動画マニュアル作成代行らくらくパック(おそらく業界最安値!!!)

●抜群に美味しい置き型100円社食サービス
>>> ESキッチン

●持続可能な社員食堂を目指す、置き型100円社食サービス
>>> ESキッチン 製造業専門サイト

 

代表取締役パートナー

平堀 剛

Hirabori Tsuyoshi

平堀 剛

1961年生まれ。東京都出身。

経歴

大学卒業後、電機メーカーに就職。先端技術の開発に汗を流すエンジニアを目の当たりにし、自分も何かをしたいと一念発起。学生時代からの夢、事業家(経営のプロ)を志しコンサルティング会社に転職。数多くの業界の経営実務に携わり上場(マザーズ)も経験した後に、小川とともに当社を起業。

コンサルティング・ポリシー

『本当の楽しみは、苦しみを乗り越えた者のみが味わえる』

支援実績(得意分野)

  • ◆目標達成に執着する管理者の養成
  • ◆顧客を愛顧客にする営業パーソンの育成
  • ◆中途・新卒社員の早期戦力化支援
  • ◆社員定着率の圧倒的な改善

当社での役割

  • ◆当社社員の家族への感謝の手紙発送
  • ◆社内懇親会のお店探しと予約
  • ◆参加が楽しくなる会議の企画進行
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。