株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

代表パートナー平堀剛のブログ

Hot Willerへのエール

Hot Willerとは「独自の志を持ち、その実現に向けた活動を
実直に続けている人」を表す当社の造語です。そういう方々に向けた
応援メッセージを贈りたいという想いで毎月書いています。

#134

週一休養(58歳以上の人は)

2019年5月28日

今月、5回目となるウルトラマラソンに参加。
葛飾柴又から茨城の五霞村までの江戸川河川敷を往復する、柴又100㎞ウルトラマラソン。
4月から、練習方法を変えてトレーニングを重ね、自己ベストの更新を狙っての出場だったが、
結果は、自己ベストの更新どころか、14時間の制限時間ギリギリとなる、13時間28分。
惨敗となった。
(負けの対象は、もちろん自分)

これまで、ハーフマラソンを含めると、延べ38回のマラソン大会に参加していて、
それぞれの大会では、走っている最中や、ゴールした後に、それなりの充実感を味わってきた。

ところが、今回は、まったく違った。
走り始めも、折り返しも、ゴールしても、「いやだな」という気持ちしかわいてこなかった。
こんな、最低のモチベーションの中で走り切れたのは、
“小川の代走”と“7月の大会”
が、あったから。
“小川の代走”とは、小川が続けているチャリティーラン。
この役を、中途半端な状況で投げ出すわけにはいかない。
“7月の大会”とは、津軽みちのく177㎞マラソンへの参加。
昨年、萩往還140㎞を完走して、山の中や夜空の星を見ながら走る楽しみを味わい、
今年も、さらに距離を伸ばしたいと考え応募。
2カ月後の177㎞という距離を走破するには、100㎞でへこたれるわけにはいかない。

こんな、思い(後押し)があったから、完走できたのだと理由付けしたいところだか、
「本当にそうなんだろうか?」
と、疑問がわく。

ここで少々視点を変えてみたい。
完走できた要因ではなく、完走しても、充実感を得られない要因分析に切り替える。
すると、答えはすぐに見つかる。
それは、“疲労”。

疲労の原因は、
・柴又100㎞の大会の前に重ねた練習の疲れ。
・プライベート対応の疲れ。
(プライベートとは、とてもハッピーな内容なので心配には及びません)
・仕事の疲れ。
・会食による疲れ。
などなどが考えられる。

最近、「疲れたな」という感じよりも、「疲れが抜けないな」と思う日が多くなっている。
これまで疲れは、
・集中して仕事をすると吹っ切れたし、
・気の合う人と、旨い料理食べて一杯やれば、すっきりしたし、
・趣味のジョギングをすれば、汗で流れたし、
・家族と会話すれば、消えてなくなっていた。

これらは、今も、日常的に体感しているのだが、疲れまでは抜けない
なぜか?
この答えを探すと、絶対に認めたくない、受け入れたくない事実が出てくる。
それは、加齢。
疲労の回復に、これまで以上に時間がかかるようになったのだ。

タニタの体重計に乗って、実年齢よりも15歳も若く表示されるから、
俺はまだまだ若いと粋がってみても、疲労の回復に時間がかかるという事実は変えられない。

疲労は、人の心を蝕む。
今回の100㎞マラソンは、この現実を私に教えてくれたのだ。
全ての生き物が通る、加齢による疲労回復力の低下の道。
体力は、鍛えることで高められるのだが、鍛える過程で、疲労がたまってしまえば怪我をする。
そして、疲労が臨界点を超えると、気持ちが落ちる。

では、疲労回復に時間がかかる今、私は、何をすればいいのか?
この答えも明確。
それは、休養。
すなわち、疲労回復の時間を確保すること。
人とのかかわりや仕事、これらのすべての役割から自分を解放する時間を、たっぷりと設ける。

とはいうものの、すでに、先々まで、色んな予定が入っているので、すぐの実行は難しい。
段階的に、
週一休養
が、取れるように調整していく。
そうしないと、これまでのパフォーマンスを維持、向上できないのだから、優先順位は極めて高い。

今回のコラムは、休養の勧めということで結ぶが、
私より年下の後輩のみなさんに、一言。
若さの特権は、
疲れ知らずの体力。一晩寝れば、心身ともにスカッとできる身体。
これにつきる。

なので、後輩たちには、今回のコラムを無視して、もっともっと全力で突っ走れ
と、エールを贈りたい。
そして、私が加齢により疲労回復に時間がかかるので、週一休養を宣言したことを、
愚痴や弱音ととらえないでいただきたい。
若い人たちに負けないパフォーマンスを発揮するための知恵を、
平堀は働かせだしたのだと解釈してもらいたい。
加齢を理由に、人生のパフォーマンスを低下させることは絶対にしないと宣言するので!
(爆笑)

代表パートナー

平堀 剛

Hirabori Tsuyoshi

平堀 剛

1961年生まれ。東京都出身。

経歴

大学卒業後、電機メーカーに就職。先端技術の開発に汗を流すエンジニアを目の当たりにし、自分も何かをしたいと一念発起。学生時代からの夢、事業家(経営のプロ)を志しコンサルティング会社に転職。数多くの業界の経営実務に携わり上場(マザーズ)も経験した後に、小川とともに当社を起業。

コンサルティング・ポリシー

『本当の楽しみは、苦しみを乗り越えた者のみが味わえる』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆目標達成に執着する管理者の養成
  • ◆顧客を愛顧客にする営業パーソンの育成
  • ◆中途・新卒社員の早期戦力化支援
  • ◆社員定着率の圧倒的な改善

当社での役割

  • ◆トイレ掃除(素手洗い)
  • ◆結婚式や出産のお知らせをいただいた際の心を込めた祝電や手紙の作成
  • ◆当社の経営や商品開発、催事等に関する企画立案(時に“思いつき”とも言われる)
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。