株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

代表取締役パートナー平堀剛のブログ

Hot Willerへのエール

Hot Willerとは「独自の志を持ち、その実現に向けた活動を
実直に続けている人」を表す当社の造語です。そういう方々に向けた
応援メッセージを贈りたいという想いで毎月書いています。

#156

面白い研修とつまらない研修

2021年3月31日

研修には、受講者受けのいいプログラムと、受講者受けの悪いプログラムがあります。

受講者受けのいい研修プログラムは、
・面白い
ことが、構成要素にあげられるでしょう。
従って、研修講師は、受講生に「この研修は面白い」と思ってもらえるように
研修プログラムを設計します。

研修の講師を引き受けたからには、
受講生が前のめりになるようなプログラムを考えるのは当然の心理だからです。

では、受講者受けの悪いプログラムとは、どんなものでしょうか。

「面白い」の反対語の
・つまらない
内容と結論づけられるのですが、それは、どんな研修でしょうか。

例えば、
・テキストに記載されていることを、淡々と進行させる内容

これは、講師にはもう一工夫してもらうべきこととして、今回の論点からは外します。
もしも研修会社に依頼して、このような研修が実施されたら、
プロとして失格ということで研修会社を変えてください。

今回、
・つまらない
研修の事例として取り上げたいのは、
「そんなこと言われなくてもわかっているよ」と、
受講生に思われる研修プログラムです。

その一例として、他のメンバーに仕事を依頼したり、仕事を受ける際には、
「5W1H」の視点を使って、仕事の目的や納期を明確に伝えなさい。
という内容の研修を題材にして解説します。

5W1Hとは、
Who:だれが
When:いつ
Where:どこで
What:なにを
Why:なぜ
How:どのように

という、6つ疑問詞を総称した言葉で、多くの人が知っています。
ですので、このような講義をすると、

「『5W1H』なんて知っているよ。
そんな誰もがわかっていることではなくて、
みんなが知らないノウハウを教えてもらいたいよ」
との思いを持つ人が出てきます。

このような人にとって、「5W1H」の研修は、
「そんなこと言われなくてもわかっているよ」という内容なので、
・つまらない
との研修評価になります。

 

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。

「そんなこと言われなくてもわかっているよ」と、思った人たちは、
「言われなくてもわかっていることだから、実践している」人と、
「言われなくてもわかっているけど、実践していない」人の2種類に分類されますが、

みなさんの会社に所属している人たちは、
「言われなくてもわかっていることだから、実践している」人たちは、
何人ぐらい存在していますか?

私の経験からの実感値では、10人に一人くらいでしょうか。

5W1HのWhen(いつ)に関連する、
・社内外問わず定められた業務の納期は守ること
・納期が遅れそうな時には、事前に報告
・相談して、納期を再設定すること
という視点が、全社員に守られている組織を想像してみてください。

大半の業務の納期が自律的に守られ、万が一、納期遅れが発生する場合には、
事前に報告や相談がなされている組織の生産性が高くなるのは、誰もが認めることです。

すなわち、When(いつ)の視点の活用の重要性は、
みんなが、「そんなこと言われなくてもわかっているよ」のことなのです。

ところが、When(いつ)で定められた納期を守れる人が少ないのが現実です。
従って、「そんなこと言われなくてもわかっているよ」という、
一見「つまらない」テーマの研修を実施する価値が高いのです。

 

今回のコラムでお伝えしたいことは、
「言われなくてもわかっているけど、実践していない」人に
「言われなくてもわかっていることだから、実践している」人になってもらうために、
「そんなこと言われなくてもわかっているよ」と思われる
一見「つまらない」テーマの研修を、
粘り強く続けていくことでした。

次回は、「そんなこと言われなくてもわかっているよ」というテーマについて、
ど真剣に取り組むと得られる成果を題材に取り上げますので、お楽しみに。

 

※研修の仕方を変えたい人に。
動画マニュアル作成ツール『Teachmebiz』のサイトはこちら。
>>>https://teachme.h-mbo.com/

代表取締役パートナー

平堀 剛

Hirabori Tsuyoshi

平堀 剛

1961年生まれ。東京都出身。

経歴

大学卒業後、電機メーカーに就職。先端技術の開発に汗を流すエンジニアを目の当たりにし、自分も何かをしたいと一念発起。学生時代からの夢、事業家(経営のプロ)を志しコンサルティング会社に転職。数多くの業界の経営実務に携わり上場(マザーズ)も経験した後に、小川とともに当社を起業。

コンサルティング・ポリシー

『本当の楽しみは、苦しみを乗り越えた者のみが味わえる』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆目標達成に執着する管理者の養成
  • ◆顧客を愛顧客にする営業パーソンの育成
  • ◆中途・新卒社員の早期戦力化支援
  • ◆社員定着率の圧倒的な改善

当社での役割

  • ◆トイレ掃除(素手洗い)
  • ◆結婚式や出産のお知らせをいただいた際の心を込めた祝電や手紙の作成
  • ◆当社の経営や商品開発、催事等に関する企画立案(時に“思いつき”とも言われる)
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。