株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

コンサルタント井口義隆のブログ

ハッと気づかされる大切なこと

プライベートと仕事は密接に関わっています。仕事と関係ないプライベートの
時間の中でも、アンテナを立てれば仕事に役立つことはたくさんあります。
そんな「ハッと気づいたこと」を大切にしたいという想いで毎月発信していきます。

#56

動画マニュアル作成に使用するカメラは何がいいのか?

2022年8月31日

皆さん、こんにちは。
8月も最終日となりました。

今年はコロナが広がってから
初めて行動制限なしになった夏休みでした。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

私は初めて舞台を観に行きました。ハリーポッターの舞台です。
藤原竜也さんが好きで、彼が主演の回を観ましたが、
終始ストーリーと演技に魅了され、楽しい3時間でした。

 

さて、本題に入りましょう。
今回はカメラについてです。

自社で動画撮影をする場合、
カメラをどうしようかと悩まれるケースがあると思います。
そのような時の参考にしてください。

まずは、今人気のカメラはどういったものなのかを見てみましょう。
「価格.com」で検索すると

1位 GoPro(153g、連続撮影時間50分、55,263円)
2位 パナソニック(355g、連続撮影時間100分、67,000円)
3位 SONY(640g、連続撮影時間780分、454,356円)

でした。(2022年8月31日現在)

どれも手持ちのハンディカメラで4Kが収録出来るカメラですね。

軽量で持ち運びが楽なGoProを選べば撮影時間が短いし、
撮影時間を取れば本体が重たくなる。
間を取れば金額が高い。

マニュアル撮影シーンを想像すると、
GoPro程小さいカメラである必要はないけど、
連続撮影時間は少なくとも2時間程度は必要です。

悩ましいですよね。では私のオススメはどれかというと…。

この中にはなく、皆さんが持っているスマートフォンのカメラです。
スマートフォンというとiPhoneとAndoridを思い浮かべると思いますが、
今回はiPhoneで説明します。

なぜiPhoneがオススメなのか。
それを次の3つの視点で説明します。

1.画質
2.バッテリー
3.持ち運び

1.画質

画質は皆さんもご存知の通り、iPhone7ですでに4K撮影が可能です。
とはいえ仮に4Kで撮影しても手軽に見る方法がありませんよね。
動画マニュアルを作成するにあたって
必要な画質は1920×1080のフルHDで十分です。
これならほぼ全てのiPhoneシリーズで撮影可能です。

2.バッテリー

バッテリーは、私が実際の現場にて
フルHD画質で収録した時の経験をもとにお話します。
撮影中はカメラを起動しつつ、Bluetooth接続のマイクも同時に使用しました。
またメールやLINEで連絡もきます。
それらのアプリを同時に使用していればバッテリーの消耗は激しくなります。
そのような状況下で
1年前に購入したiPhone7のバッテリー駆動時間は3時間~4時間です。
3位のSONYには勝てませんが、
GoProとパナソニックよりはバッテリーの持ちが長いです。

3.価格

Amazonで本体価格を調べると
iPhone8(64GB)が23,950円、
iPhoneXS(64GB)が46,800円です。
iPhone12(64GB)は81,980円です。
iPhone12は高額ですが、
画質・バッテリーともにiPhone8であれば十分な性能を持っているので、
金額的にも安く抑えられます。

 

さらには、持ち運び・操作の手軽さという点でもiPhoneの方がよいでしょう。
持ち運びが楽というのは大きなメリットです。
iPhoneであれば日常持ち歩いていますよね。
ポケットにも入りますし、かさばりません。
しかしハンディカメラを用意する場合は、
専用のケースが必要となり持ち運びが大変です。

操作の手軽さについては、
iPhoneの場合「設定」→「カメラ」を選択し、
ビデオ撮影の項目の中から
必要な項目(通常はフルHD)を選択するだけで済みます。

他にもマイクと接続する時のBluetooth接続や
パソコンへの取り込み作業も日頃から使い慣れていることが多いと思うので、
苦になりにくいことが想定できます。

 

いかがでしょうか。
上記のような点から、私は動画マニュアルを撮影するという目的においては、
良いカメラを用意する必要は全くないと考えています。
むしろ手早く、簡単に、十分作業がわかる画質で撮影できる
iPhoneの方が使い勝手が良いのです。

カメラは何がいいのかをお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

※弊社の動画マニュアル作成代行の紹介サイトはこちら。
>>>https://teachme.h-mbo.com/service/agency/

コンサルタント

井口 義隆

Iguchi Yoshitaka

井口 義隆

1985年生まれ。神奈川県出身。

経歴

大学卒業後、テレビ番組の制作会社にてバラエティ番組等のディレクターを経験。
映像業界の次のステージとして、映像機材を販売する営業職に就く。昼夜も関係なく、激務が当たり前の映像業界に関わる中で、人を大切にする企業、働いていて楽しいと思える企業を増やしたいという思いからアッシュ・マネジメント・コンサルティングに入社を決意する。

セールス・ポリシー

『千里の道も一歩から。少しずつでも歩みを止めない。』

支援実績(得意分野)

  • ◆業界経験者ならではの技術を駆使した動画マニュアルの作成代行
  • ◆自身の経験から生み出した「撮影・編集ノウハウ」を詰め込んだマニュアル作成勉強会
  • ◆動画マニュアルを組織に浸透させるための事務局支援

当社での役割

  • ◆平堀、小川、辻から出る異なる指示に愚直に取り組み、三人に指導内容の矛盾に気付かせること
  • ◆毎日夕飯の支度をするなど、女性の社会進出を本気で応援する夫の鑑が何たるかの模範を示すこと
  • ◆営業で使う動画マニュアルのサンプルを作りつつ、社内の清掃マニュアル・備品管理マニュアルを整備すること
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。