株式会社アッシュ・マネジメント・コンサルティング

代表パートナー平堀剛のブログ

Hot Willerへのエール

Hot Willerとは「独自の志を持ち、その実現に向けた活動を
実直に続けている人」を表す当社の造語です。そういう方々に向けた
応援メッセージを贈りたいという想いで毎月書いています。

#41

意志が全てのはじまり

2011年6月2日

2週間前に、アキレス腱炎を再発してしまった。 そして、以前と同様に、知人の整形外科医に治療してもらった。 アキレス腱炎との付き合いは、かれこれ、1年近くになる。 ジョギングの趣味が災いし、昨年の夏ごろからアキレス腱が痛むようになった。 インターネットでアキレス腱炎の治療方法や予防法を調べ、これはと思うことは実施したが、なかなかよくならなかった。 そして、近くの整形外科にも行ってみたが、「痛みが消えるまで、走るのはやめなさい」と言われてしまった。 ジョギングを続けて、1年に1回はフルマラソンに参加したいとの思いが消えずに、悶々としていると、知人の医者を思い出し、やっと自分の願いがかなった。
今回のコラムの主題は、「意志が全てのはじまり」
アキレス腱炎を治したいという意志があるから、インターネットで治療法を調べた。
ジョギングを続けたいという意志があるから、知人の医者を思い出した。
そして、その意志を伝えられたから、適切な医療処置をしてもらえた。
この何とかしたいという意志が、自分の行動の起点であり、人の力を引き出す原動力になる。
こんなことは誰もがわかっている、基本中の基本なのだが、自分の意志を表明しない人が、案外と多い。
人のことは、とやかく言うが、「あなたはどうしたいのですか」と尋ねると、黙ってしまう人。
「私は、○○と思うのです」「だから、△△さんの行動がおかしいと思うのです」と言ってくれなければ、
議論にならない。
この展開で重要なのは、「△△さんの行動がおかしい」ということではなくて、
「私は、○○と思うのです」という意志。
この意志が確認できなければ、「△△さんのおかしい行動」を改善しても、また、他の問題が発生する。
たとえ、問題視していた△△さんがいなくなっても、次の「□□は、おかしい」という対象を見つけて、
モグラたたきを繰り返す。
この展開が何も生み出さないのは、日本の政治が象徴している。
自分はどう思うのか。どうしたいのか。何を望むのか。
みんなが意志を表明しなければ、日本が沈没する。
そんな危機感を募らせているのは、私だけではないだろう。

代表パートナー

平堀 剛

Hirabori Tsuyoshi

平堀 剛

1961年生まれ。東京都出身。

経歴

大学卒業後、電機メーカーに就職。先端技術の開発に汗を流すエンジニアを目の当たりにし、自分も何かをしたいと一念発起。学生時代からの夢、事業家(経営のプロ)を志しコンサルティング会社に転職。数多くの業界の経営実務に携わり上場(マザーズ)も経験した後に、小川とともに当社を起業。

コンサルティング・ポリシー

『本当の楽しみは、苦しみを乗り越えた者のみが味わえる』

コンサルティング実績(得意分野)

  • ◆目標達成に執着する管理者の養成
  • ◆顧客を愛顧客にする営業パーソンの育成
  • ◆中途・新卒社員の早期戦力化支援
  • ◆社員定着率の圧倒的な改善

当社での役割

  • ◆トイレ掃除(素手洗い)
  • ◆結婚式や出産のお知らせをいただいた際の心を込めた祝電や手紙の作成
  • ◆当社の経営や商品開発、催事等に関する企画立案(時に“思いつき”とも言われる)
記事一覧

Contact

お問い合わせ

03-5795-1142
受付時間 平日10:00-17:00

Follow us

情報配信

アッシュ・マネジメント・コンサルティングでは、みなさまのビジネスのお役に立つ情報を発信しております。
Facebookもしくはメールマガジンにて最新情報をご確認ください。